« ラコタは親戚でも笑いあう | Main | 世界先住民ウラニウム・サミット宣言 »

Friday, January 05, 2007

続・ラコタは親戚でも笑いあう

ラコタは親戚でも笑いあうの第2ラウンドだが、こんどはオグララの人たちが「ローズバッド・ジョーク」とよぶ笑い話をひとつ紹介しておく。そうじゃないと不公平になるからね。

ローズバッドに暮らすシカング(バール・スー)のある人間が、地元のパウワウに出かけたところ、司会者のマイクから思わぬ悲鳴が聞こえてきたそうだ。

「だ、だれか、警備員を呼んでくれーっ! 早く、早くしろ、おーい、警備員、早く来てくれ!」声は言っていた。まさに恐怖におびえた声が続けて「頼む、助けてくれ、今ここでふたりの女が俺を取りあってとっくみあいをしていて、醜い方が勝ちそうになってるんだ!」

|

« ラコタは親戚でも笑いあう | Main | 世界先住民ウラニウム・サミット宣言 »

Indian Humor / Indian Jokes」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/13341428

Listed below are links to weblogs that reference 続・ラコタは親戚でも笑いあう:

« ラコタは親戚でも笑いあう | Main | 世界先住民ウラニウム・サミット宣言 »