« ラコタは親戚でも笑いあう | Main | 世界先住民ウラニウム・サミット宣言 »

Friday, January 05, 2007

続・ラコタは親戚でも笑いあう

ラコタは親戚でも笑いあうの第2ラウンドだが、こんどはオグララの人たちが「ローズバッド・ジョーク」とよぶ笑い話をひとつ紹介しておく。そうじゃないと不公平になるからね。

ローズバッドに暮らすシカング(バール・スー)のある人間が、地元のパウワウに出かけたところ、司会者のマイクから思わぬ悲鳴が聞こえてきたそうだ。

「だ、だれか、警備員を呼んでくれーっ! 早く、早くしろ、おーい、警備員、早く来てくれ!」声は言っていた。まさに恐怖におびえた声が続けて「頼む、助けてくれ、今ここでふたりの女が俺を取りあってとっくみあいをしていて、醜い方が勝ちそうになってるんだ!」

|

« ラコタは親戚でも笑いあう | Main | 世界先住民ウラニウム・サミット宣言 »

Indian Humor / Indian Jokes」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 続・ラコタは親戚でも笑いあう:

« ラコタは親戚でも笑いあう | Main | 世界先住民ウラニウム・サミット宣言 »