« ネイティブ・ピープルとアイ・チン(『易経』) | Main | 秋分の日にジャンピング・マウスを聞く »

Thursday, September 21, 2006

南北アメリカ大陸先住民の代表が国連で会談

news米大陸に属するアイマラ先住民の指導者で、今年ボリビアの大統領に選出されたエヴォ・モラレス・アイマ氏が、第61回の国連総会にはじめて参加するためにニューヨークを訪れ、この9月18日月曜日に、国連の建物で北米先住民の指導者たちのグループと会談した。

この歴史的な会談に参加した北米先住民は、ホーデノショウニ、ラコタ、クリー、タイノのそれぞれの部族の代表で、ホーデノショウニからは、タドダホ・シックスネイションズ・イロコイ連合国のシド・ヒル氏、オノンダガのエルダーであるチーフ・オレン・ライオンズ氏、オグララ・スー国部族会議議長チーフ・アレックス・ホワイト・プラム氏、エミネスキン・クリー国チーフのJ・ウィルトン・リトルチャイルド氏、タイノ同盟連合地区代表のロベルト・ムカロ・ボレロ氏といった人たち。他にも人権団体の代表も参加した。

会談のかなりの部分は土地問題、資源問題、政治における伝統的先住民の活性化、環境の保護と管理に費やされたし、1493年のローマ教皇大勅書の撤回を求め、国連世界先住民族権利宣言にむけての支援も要請された。モラレスボリビア大統領は彼の属する政党が続けてきた「抵抗の500年」キャンペーンを継続することを表明したが、最終目的は「権力への抵抗」を超えたその先にある「人々が健康に生きること」にあると強調した。

会談後モラレス大統領は、北米先住民の代表たちをボリビアに招待し、このような会議は「母なる地球の擁護者としての自分の義務」であり、会談は成功だったと語った。

|

« ネイティブ・ピープルとアイ・チン(『易経』) | Main | 秋分の日にジャンピング・マウスを聞く »

Native News Update」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南北アメリカ大陸先住民の代表が国連で会談:

« ネイティブ・ピープルとアイ・チン(『易経』) | Main | 秋分の日にジャンピング・マウスを聞く »