« 太陽が生まれれた日 | Main | ネイティブ・ピープルとアイ・チン(『易経』) »

Wednesday, September 20, 2006

話す石の出現

Native Japanese Rock Art

「青森市の三内丸山遺跡に隣接する近野遺跡から3体の人物が線状に刻まれた石器が見つかった」と青森県埋蔵文化財調査センターが発表した(写真と記事)。3500年程前の日本列島(本州東北部)の住人が残したこのピクトグラフの描かれた石器は、人物画を正面にすると、高さ6.1センチ、幅7.4センチ。3体は鋭利なもので彫り込まれ、2体は横たわり、やや小さめの1体は逆立ちの状態。同センターは、肩の様子などから、横たわった上の人物が男性、下が女性、逆立ちしたのが子供で、家族を表しているのでは、と見ているらしい。(ここに掲載した図版は、公開されたものをぼくの気まぐれから90度回転させてある)

|

« 太陽が生まれれた日 | Main | ネイティブ・ピープルとアイ・チン(『易経』) »

Native Time (Herstory)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 話す石の出現:

« 太陽が生まれれた日 | Main | ネイティブ・ピープルとアイ・チン(『易経』) »