« 輪をつくる | Main | この番組はぜひ見てほしいなぁ »

Thursday, August 17, 2006

最も賢い教師とは

start_quote経験は最も賢い教師である。end_quote.gif
プレザント・ポーター(PLEASANT PORTER)
クリーク国チーフ CREEK


Pleasant Porterプレザント・ポーター(写真) クリーク一族の国にあったプランテーションで、1840年に100パーセント白人の父と、フルブラッドのクリークの母のあいだに生まれた。父方の祖父も祖母も白人だったが、父親は兄弟ともども曾祖父の意向でクリーク国(現在のオクラホマ)でクリークの人たちと共に育てられた。鳥氏族(バード・クラン)。インディアン・ネームはクレイジー・ベア。やがて曾祖父は子どもたちをそのままクリークの人たちの養子にして後にテキサスに移住。父親はクリークの女性と結婚してプレザントが生まれた。弟が3人、妹が2人。ミッションスクールに通ったあとしばらく放浪の時を過ごして、19歳になると南北戦争にクリーク一の志願兵として参加し、戦後30歳代になってアメリカインディアン出身の政治家となった。チェロキーのチーフの娘と結婚して3人の子供をもうけた。「最も偉大な生身のインディアン」「偉大なアメリカインディアンの政治家」とワシントンの議会では評された。晩年はクリー国のチーフを務め1907年に他界した。

|

« 輪をつくる | Main | この番組はぜひ見てほしいなぁ »

Ho! (Quote of the Day)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最も賢い教師とは:

« 輪をつくる | Main | この番組はぜひ見てほしいなぁ »