« トゥー・スピリット・ピープル | Main | 聖なる教示 »

Monday, July 24, 2006

インディアン道の道しるべ

Indian Marker Treeアラバマ州のハートセルという町のはずれの深い森のなかに写真のような、樹齢200年ほどの赤樫の樹(ノーザン・レッド・オーク)がある。恐竜のコブのようにも見えるなかなか大きな樹だが、これまでその存在が公開されたことはなかった。今回この樹のある森の所有者であるポール・プリンス氏(77歳)と奥さんのベティ・プリンスさん(72歳)が地元のメディアにこの樹の存在をあきらかにして話題になっている。

この森はもともとチェロキー・インディアンがテリトリーとしていた森で、この樹がユニークなのは、その根本の近くが大きく虹のようなかたちに人の手で曲げられているところ。ネイティブ・ピープルが自分たちのテリトリーの境界や通り道を示すために、若木のうちに石などを使ってわざわざ変形させたもので、インディアン・マーカー・トゥリーといわれている。自然とひとつになって生きていたネイティブの人たちも、木を傷めないように気を使いながら目印とするために時間をかけて変形させたりすることをやっていたのだね。

アラバマ州のモーガン郡のこのあたりは1830年ごろまではチェロキー一族のテリトリーだったところ。

next アラバマの地方紙 THE DECATUR DAILY NEWS (MONDAY, JULY 24, 2006)の記事「インディアンの道の上で」より

|

« トゥー・スピリット・ピープル | Main | 聖なる教示 »

Native News Update」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インディアン道の道しるべ:

« トゥー・スピリット・ピープル | Main | 聖なる教示 »