« PEYOTE HEALING(ペヨーテの癒し) | Main | ベア・ビュートに降りかかるさらなる試練 »

Thursday, June 29, 2006

パウワウの季節到来!

Powwow dance7月の1日と2日の2日間、ノースカロライナ州の西、スモーキー・マウンテン山麓に位置するチェロキー・インディアン東部組織( The Eastern Band of Cherokee Indians)が恒例のパウワウを開催する。部族を超えた夏の集会とまつりで、賞金のかかった踊りや太鼓の競技大会も開かれ、アメリカやカナダなどからさまざまな部族に属する工芸作家たちがハンドメイド・ジュエリーや衣装などの店をこぞって出店するなど、たいへんなにぎわいを見せるイベントだ。(写真をクリックすると大きくなる)

このイベントの開催を告げるスモーキー・マウンテン・ニュースという地元の新聞(6月28日号)によれば、チェロキーの伝統にはしかし「パウワウ」はもともと存在しなかったらしい。でも北米大陸各地で多くの部族がパウワウという名前で毎年集会を開くようになって、チェロキーの人たちも部族を超えたインディアンのまつりとしてのパウワウに目覚めたという。

パウワウのほんとうの意味は

日本でも最近は「パウワウ」という言葉が「まつり」のかわりに使われることもあるけれど、「パウワウ(powwow)」と言う単語は、ネイティブ・アメリカンのナラガンセット一族の使っていた言葉で、本来は「シャーマン(呪医)」を意味するものか、もしくはアルゴンキン語の「パウ・ワウ(pau-wau)」「パウアウ(pauau)」からきていて、こちらは「さまざまな平原インディアンの部族のメディスンマンやスピリチュアル・リーダーたちの集会」を指し示す言葉だったと言われている。

パウワウが起源は謎に包まれているが、ものの記録によれば今からおよそ400年ほど前のある日、まだ南北に分けられていなかったダコタで平原インディァンのオマハの人たちがこれをおこない、これが後にオクラホマ一帯に広まって、いくつもの平原インディアンの部族のなかの「戦士社会(ウォリアー・ソサエティ)」が、戦いの勝利を祝う踊りの場としてこれをとりいれたらしい。今のようなお祭りスタイルの部族を超えたインディアンの集会のパウワウは1890年代にモンタナ州ではじまったといわれてはいるものの、実体はよくわからない。当時アメリカ合衆国はどんなものであれ先住民のまつりや集会を法律によって堅く禁止していたために、そうした集会がおこなわれたとしてもすべてがアンダーグラウンドなものにならざるを得なかったからである。

パウワウがネイティブの部族の間で盛んになるのは第二次世界大戦が終わった1950年代、そしてインディアンの精神復興と権利回復運動が高まりを見せた直後の1980年代、1990年代で、そのころからのパウワウは、自分たちの伝統的な価値観やアイデンティティを祝うものに変わってくる。そして21世紀になった今では、ネイティブ・アメリカンのパウワウは実にさまざまなところで、短いもので1日きりのものから、一週間も続く長く楽しい大きなフェスティバル的なものまで、いろいろとおこなわれるようになった。

Cherokee Nationチェロキーの人たちのことや、このパウワウのことなどに興味がある人はノース・カロライナのチェロキーの公式ウェブサイトをたずねてみてください。写真や図版がたくさんあって楽しめます。ちなみにこのブログにしばしば登場するローリング・サンダーという名前の今はなきグランドファーザー/メディスンマンもこの土地、スモーキー・マウンテン山麓の出身です。彼はなくなるまでチェロキーの象徴でもある七芒星(ななぼうせい・セブン・ポインテッド・スター)のマークを身につけていました。

next Cherokee North Carolina

|

« PEYOTE HEALING(ペヨーテの癒し) | Main | ベア・ビュートに降りかかるさらなる試練 »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

今日ローリング・サンダーを読んでいたところです。
トルコ石がなぜか異常に好き、というくらいしか、縁がなかったインディアンの世界が、ある時たまたま旅行で立ち寄ったことから気になりだして、それからは、どんどんとインディアンに心惹かれています。(おおざっぱな書き方ですみません。。。)
住んでいる場所も、どんどん、わたしが行きたいとずっと思っていたインディアン遺跡のある場所に近づいています。

今日は、たまたま、ローリングサンダーが勤めていた鉄道の名前がでてくるところを読んで、そのあと、まだよくわかっていないこの土地の、ある場所を調べようと地図を開いたら、近くを通っていた鉄道のラインが、彼が勤めていたsouthern paciific鉄道のラインだったということに気付いてなんだかすごーく感動しました。。。
そんなことですが、彼のスピリットはまだどこかにちゃんといるんだよなー、ということをなんとなく実感してうれしかったもので。

Posted by: mochi | Thursday, June 29, 2006 at 11:05 AM

Incredible points. Outstanding arguments. Keep up the good work.

Posted by: bencoinc.com | Tuesday, September 23, 2014 at 08:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/10720931

Listed below are links to weblogs that reference パウワウの季節到来!:

« PEYOTE HEALING(ペヨーテの癒し) | Main | ベア・ビュートに降りかかるさらなる試練 »