« シックス・ネーションズのためのコンサート | Main | かくして空気が売られる時代へ »

Friday, May 12, 2006

神の輪鉄作戦の延期は中止ではない

news[Updated on Saturday, May 13, 2006]シュンダハイ・ネットワークからのメールによれば、アメリカ国防総省が来月2日にネバダの核実験場で計画していた「神の輪鉄(わがね)」作戦——「誰がこの狂気を止めるのか」 Native Heart Monday, May 08, 2006——がほんとうに延期されたらしい。5月10日の段階で、アメリカの政府関係者は、延期は最低で3週間、6月23日以前の「作戦実施」はないと語った。そしてこれを弾みとして計画そのもの(上空3000メートル以上にも立ちのぼるキノコ雲)を中止させるためのさまざまな行動が、すでにウエスタン・ショショーニの人たちの周辺ではじまっている。

神の輪鉄を止めるための非暴力抗議行動は、作戦が延期になったとしても、中止ではないので、当初の計画通り5月28日にネバダ核実験場前のウエスタン・ショショーニの土地に設置されたピース・キャンプでおこなわれる。すでにオレゴン、ニューヨーク、メインなどから意識ある人たちの参加が表明されていると、メールは伝えてきた。

当日の参加希望者はなにを持ち、どこにくればよいのかの詳細は、シュンダハイ・ネットワークの該当ページに書かれている。

arrow2 The Stop Divine Strake Coalition Calls you to Action!

*註 Shundahai Network (シュンダハイ・ネットワーク)の「シュンダハイ」とはウエスタン・ショショーニの言葉で「創造主の作られたあらゆるものとの平和と調和」を意味し、同ネットワークは自らを「核の鎖を断つために一身をささげるもの」と規定している。

|

« シックス・ネーションズのためのコンサート | Main | かくして空気が売られる時代へ »

Native News Update」カテゴリの記事

Koyaanisqatsi (Life out of balance)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 神の輪鉄作戦の延期は中止ではない:

« シックス・ネーションズのためのコンサート | Main | かくして空気が売られる時代へ »