« アパッチの父さんが怒っている | Main | 川の上の生活 »

Wednesday, March 22, 2006

お客様は神さまではないとする研究

attachmentドイツの大学の研究者が、楽しくもないのに楽しく振る舞うことをながば強制的に求められると、人間は病気にかかりやすくなると警告を発しているとシドニー・モーニング・ヘラルド紙(Wednesday March 22, 2006)が報じている。こうした危険性のある職業としてあげられているのが、フライトアテンダント、セールスを担当する人、コールセンターのオペレーター、ウェイターやウェイトレスなど、見ず知らずの人たちと一定の時間接触することが仕事の人たちだ。フランクフルト大学の心理学者によると、友だちでもない人間に友だちであるかのような顔を向けていると、ストレスが高まり、免疫系システムの働きを低下させ、へたをするとより重要な病気にかかる可能性が高くなるそうだ。

自分の意思に反して、友だちでもない相手に友だちのような振る舞いをすることは、ストレスのもとであるらしい。そういう職業の人は、意識的に感情にたまったストレスを解放してやるための時間と場所が必要になるだろう。「お客様は神さまです」としばしばいわれるが、実体はとんだ「疫病神」なのかもしれませんねえ。くれぐれも、気をつけたいものではありませんか。

|

« アパッチの父さんが怒っている | Main | 川の上の生活 »

Go in Peace (Teachings)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お客様は神さまではないとする研究:

« アパッチの父さんが怒っている | Main | 川の上の生活 »