« 自分の内にある空間と時間の地図 | Main | 子どもの道 »

Sunday, March 05, 2006

より良く、そして長く生きるための心得

tao70年代のアメリカは、文字通り「スピリチュアル・スーパーマーケット」の様相を呈していた。そこには地球上のありとあらゆるスピリチュアルなものが集められていたというイメージが——なんの因果かその現場に立ちあってしまった——ぼくのなかにはある。東洋(ヒンズー、ブディズム、ゼン、ヨーガ、マクロバイオティック、タオ、マーシャルアート)も西洋(古代ギリシャ、ケルト、キリスト教原理主義、ボーンアゲイン・クリスチャン、サイエントロジー、グルジャエフ、トールキンなど)も中近東(イスラム神秘主義、ピラミッドなど)も太平洋(アボリジニ、ポリネシア、フナ、サーフィンなど)も、アフリカも、バハマ諸島も、南米インディオも、北極圏も、亀の島(ネイティブ・アメリカン)も、サイケデリックになんでもござれという感じだった。このときにはじまった「偉大なる覚醒」を求める大きな流れは、おそらく今も伏流水のようになって、アメリカの大地の地下を、そしてインターネツトの網の目のなかを流れているに違いない。

当時はローリング・サンダーのところにも世界からさまざまな人が訪れてきていた。そうしたなかで彼が興味を持ったのが「タオイスト」と言われる人たちだった。このタオイストは「道教徒」の英語訳で、「タオ(道、道なき道・名なき名)」を信仰する人たちの意味である。彼はタオイストの話していることはネイティブ・アメリカンの話していることとほとんど違うところがないと見ていた。タオイストの人たちと一緒にいることが非常に楽しそうだった。

アメリカ・インディアンの人たちの生き方をひとつの言葉で表現するときにしばしば「THE WAY」という英語が使われる。それは「仏の道」でもないし「神の道」でもなく、しいてあげるならばそれは「人の道」なのだが、しかしそれは儒教的な教えではなく、あくまでもただの「道」である。彼らは全生活を「道(過程)」と認識する。「一日24時間が宗教」というのはそういうことである。

タオイズムと呼ばれ、日本ではその源とされる老子と荘子の名前から、「老荘思想」とひとくくりにされている人の生き方が、その究極の目標にかかげてきたものは「不死」への到達だった。この「不死」にはもちろんさまざまな意味がある。永遠の生命、長生、不老、超人的な肉体と能力の開発などだ。

はるか遠い古代に日本という国家を作ったのは大陸渡来の道教徒だという説もあるぐらいで、古代中国の道教徒たちのなかには、東の海のなかにある神仙たちの暮らす蓬莱島とされた現在の九州島や四国島や本州島に「不老不死の仙薬」や「不老不死の秘密を知る神仙たち」を求めてやってきた人たちがたくさんいたようだ。過去には天皇のなかにも道教を信じた人がいた。今に残されている列島各地の伝説のなかで「仙人」とされている人たちは、そのすべてがタオイストのことである。

古来よりタオイストたちはさまざまな方法を用いて不老長生を達成しようとしてきた。ここでは「ReligionFacts」という世界各地の宗教や信仰体系のなかからそれぞれの宗教の根本的知識を抽出している興味深いサイトに見つけた「Taoist Beliefs」というページにまとめられていたタオイストが考えた6つの「より良く、そして長く生きるための心得」を紹介しておく。なにかのお役に立ててください。


yinyangより良く、そして長く生きるための6つの心得


* 食べるものをとおして、運動をとおして、心を満たすことをとおして、すべての意識をからだに集中させること。

* 呼吸(気)を整え、その力を意図的に巡らして、からだの隅々にまで運び届けること。

* 性エネルギーのもたらす力を、とくに射精を押さえ込むことで、全身に満たしてやること。

* 不老不死の薬を発見する目的の錬金術を開発すること。

* 道と調和し、徳にかなったふるまいをすること。

* 不老不死を実現させていて、その秘密を分けあってくれるかもしれない人たちが暮らす夢の島々(蓬莱島)を探索すること。

|

« 自分の内にある空間と時間の地図 | Main | 子どもの道 »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Go in Peace (Teachings)」カテゴリの記事

Comments

この弓の島の山々にも「タオ」を生きる道が脈々と流れ続けているのでしょうね。それは道教や仏教(主に真言宗)、陰陽道などを取り入れてきて、今では様々なカタチに表れていますが、源流は山岳信仰だと思っています。「やま」という単に山岳地帯のことを指すのではないことばの意味で。
役の小角は、やまで生きるタオを体現していた弓の島で一番の有名人でしょう。彼が神変大菩薩となったのは、不老不死を実現させたから?

今晩九時からの番組「世界ふしぎ発見」は、道教の中心たる武当山が出てくるようです。武当山は行ってみたいところの一つですので、いまから楽しみにしています。

Posted by: 山竒 | Saturday, March 11, 2006 03:14 PM

テレビガイドより——

世界・ふしぎ発見!

「中国超人列伝・潜入不老長寿の山」

TBSテレビ
2006年3月11日 21時00分

 中国から、信じ難い技を持った”超人たち”をリポートする。ミステリーハンターは、坂本三佳。 エンターテインメントの超人集団、武漢雑技団を訪ねる。彼らの技には、気のエネルギーがかかわっている。気を体内に取り込み、自らの意思で気を働かせるという気功の技。それを体得した達人たちは、強い衝撃に耐えたり、信じられない力を発揮する。湖北省にある武当山には、およそ百三十人の修行者が暮らしている。彼らは不老不死の仙人になることを目指し、平和に役立てるために医学や武術などを学んでいる。さらに、格闘技スターを夢見る若者たちが中国武術を学ぶ上海精武体育総会を紹介する。

Posted by: Kitayama "Smiling Cloud" Kohei | Saturday, March 11, 2006 03:29 PM

Nice blog here! Also your site loads up fast! What web host are you using? Can I get your affiliate link to your host? I wish my web site loaded up as fast as yours lol

Posted by: quality paint | Thursday, December 11, 2014 11:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference より良く、そして長く生きるための心得:

« 自分の内にある空間と時間の地図 | Main | 子どもの道 »