« 川の上の生活 | Main | セレモニー »

Thursday, March 23, 2006

コヨーテ・イン・ニューヨーク・シティ

ニューヨークのセントラルパークでコヨーテが捕らえられたというニュースをCNNが報じていた(NYセントラルパークにコヨーテ、捕獲成功 2006.03.23 Web posted at: 15:47 JST 写真あり)。

ニューヨーク(CNN) ニューヨーク市内セントラルパークで野生の肉食動物コヨーテが目撃され、20時間余りに及んだ追跡劇の末、22日午後9時45分頃にようやく捕獲された。

警察当局によると、「ハル」と名づけられた推定年齢1歳のコヨーテは、毎年シェークスピア劇が上演されているベルベデーレ城近くで麻酔銃で撃たれ、御用となった。

ハルは21日、ハレット自然保護区からアイススケート場ウォルマン・リンク周辺に突然現れ、スケート客らが一時避難する騒ぎになった。ハルはさらに池を泳いで橋の下をくぐり、フェンスを越えるなどして走り回り、行方を追う公園職員や警官隊などを振りまわした。現場には報道陣も駆けつけ、テレビ各社はヘリコプターで上空からハルを追跡した。

ハルはブロンクス地区リバーデールの林から川を泳いでマンハッタンに移動し、マンハッタン西側のリバーサイドパークに到達した後、セントタルパークに入ったとみられる。ハルが最初に目撃されたのは19日午前1時半頃だが、この時はオオカミと間違われた。

セントラルパークで発見されたコヨーテはここ7年間で2匹目。ハルは今後、ニューヨーク州北部の野生動物保護施設に移送される。

専門家らによると、コヨーテは以前から同州に生息しているが、生息地域は急速に拡大している。都市部の生息数は、狩猟禁止やわな減少で増えており、大都市圏に入ってきたり、ヒトの居住地周辺での生活に慣れてきたコヨーテもみられる。専門家は「もし今後数年間に、セントラルパークでコヨーテに出会うことがあっても驚かないでほしい」と語っている。

コヨーテのなかの人もたいへんな時代です。

ロイターは「NYセントラルパークでコヨーテの捕物劇を展開 2006年 03月 23日 木曜日 16:32 JST」として同じニュースを別の角度から報道している。それによると「コヨーテはアヒルなどを追い回し、その跡には羽毛が積み重なっていた」とある。やはりあいかわらずコヨーテ兄さんは腹を減らしているらしい。

|

« 川の上の生活 | Main | セレモニー »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コヨーテ・イン・ニューヨーク・シティ:

« 川の上の生活 | Main | セレモニー »