« 物憂げな立ち姿のカウィチャンの乙女 | Main | 57年前にホピの国から合衆国大統領に宛てて送られた手紙 »

Tuesday, February 07, 2006

サークルを見ること

いのちはことごとく輪を描く。
ローリング・サンダー チェロキー


原子は丸い。軌道は円を描いている。地球も、太陽も、月も丸い。季節は輪を描いて巡る。いのちの環は回り続ける。赤ん坊、若者、大人、老人。太陽は地球にいのちを与え、地球は木々にいのちを与え、木々は地球に新しい種を落としてそこからまた新しい木が育つ。これはひとつの例だが、ことほどさようにいのちの世界は輪を描いている。輪、円、丸、球。わたしたちには、グレイトスピリットによってもたらされるものすべてをサークルとして見るための訓練が必要である。なぜなら、そうやってほんとうに大切なものがサークルを描いていることを知れば知るほど、わたしたちの物事の仕組みの理解が深まっていくのだから。すべてのサークルを理解し、それらの輪、円、丸、球を敬い、それらと調和をとれた生活を送る必要がある。

|

« 物憂げな立ち姿のカウィチャンの乙女 | Main | 57年前にホピの国から合衆国大統領に宛てて送られた手紙 »

To All My Relations」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サークルを見ること:

« 物憂げな立ち姿のカウィチャンの乙女 | Main | 57年前にホピの国から合衆国大統領に宛てて送られた手紙 »