« インディアン・サマー | Main | 仙台スピコンから帰る道の上で »

Monday, November 14, 2005

内側も外側も清める

「神聖な儀式の場に立ちあっているときにはそれぞれがハートのなかで祈らなければならない。儀式に参加しているものたちの内側も外側も共に清めることこそが、儀式の目的なのだから」
トーマス・イエローテイル、クロー族のメディスンマン

頭で祈っているか、ハートで祈っているか? このふたつの違いを見分ける方法は簡単であると教えられた。頭で祈っているだけでは、なにも感じるものはない。ハートで、心で祈ると、感じるものがあるというのだ。感じるものは、なんのために祈りを捧げているかによって異なる。ときには悲しみだったり、喜びだったりするだろう。声を出して泣きたくなることだってあるかもしれない。ネイティブ・ピープルの儀式においては、必ずそこに浄化が起きることになっている。メディスン・ホィールという世界観によれば、東西南北の四つの方向にそくして、われわれの内側にも力が備わっている。感情の力、知の力、肉体の力、霊的な力である。祈る者は、感情と知と体の三つの力をコントロールする。われわれが祈りにおいて自分の感情や、頭のなかや、肉体的な純化を求めるとき、スピリットが方向を指し示して浄化が引き起こされるのである。

 arrow2 Thomas Yellowtail (1903-1993) クロー族の研究家であるロドニー・フレィ(アイダホ大学人類学教授)ウェッブサイトにあるイエローテイルの紹介ページ

|

« インディアン・サマー | Main | 仙台スピコンから帰る道の上で »

To All My Relations」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 内側も外側も清める:

» お昼寝通信7 [ど風呂グ]
〔ホピ族のカチーナ(精霊)人形〕 自己資産総額510億ドル(約5兆6700億円)のビル・ゲイツがいる国、アメリカ合衆国。 一方、合衆国は、貧富の差が激しい国であることも知ってました。 根強い人種差別があることも知ってました。 昔、インディアン(ネイティブ・..... [Read More]

Tracked on Tuesday, November 15, 2005 02:09 AM

« インディアン・サマー | Main | 仙台スピコンから帰る道の上で »