« 縄文から蝦夷までのタイムトリップ | Main | インディアンフルートのマスターによるたった二日間のパフォーマンスのお知らせ(再掲) »

Wednesday, November 02, 2005

コヨーテとはどういうヒトたちか?

11月上旬は天気も落ち着きません。晴れて今日は暖かいなと思って半袖で表にいるといきなり雲が出て光が遮られると途端にひんやりしてきて長袖のシャツを持っていないことを後悔したりするのも今ごろの話。太陽や空や雲がまるで悪さをしてやろうとコヨーテさながら虎視眈々とわたしたちを狙っているかのようです。外出するときには一枚はおるものを忘れないようにしたいものです。

ところでコヨーテですが、ロサンジェルスのダウンタウンにも生息しているの知っていますか? ダウンタウンにロサンジェルス・リバーという川があってその水を飲み水にして生きているのです。聞いた話ではコロラドのデンバーという都市にも、コヨーテは生息しているらしいです。むろん山岳部ではなくて、都市部に。coyote彼らはとても頭がよくて、都市の暮らしの方が楽(Take It Easy)だということを学習して知っているのですね。コヨーテはネイティブ・ピープルの信仰のなかでは「トリックスター」とされています。相手をだまして楽しんでいる悪賢い存在だと。でもそれだけでは彼の一面しか見ていないことになります。実際のコヨーテはどんなに厳しい状況に置かれてもそこで生き残るヒトたちで、彼らは光と闇の両方の力をどう使えばよいのかを知っているのです。

|

« 縄文から蝦夷までのタイムトリップ | Main | インディアンフルートのマスターによるたった二日間のパフォーマンスのお知らせ(再掲) »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/6785110

Listed below are links to weblogs that reference コヨーテとはどういうヒトたちか?:

« 縄文から蝦夷までのタイムトリップ | Main | インディアンフルートのマスターによるたった二日間のパフォーマンスのお知らせ(再掲) »