« 目に見えない世界にあるほんとうのパワー | Main | 聖なるものはお金で買えるだろうか? »

Tuesday, November 22, 2005

ニワトリに安らかな最期をという訴え

「食肉処理方法で米農務省を提訴」という東京新聞(11月22日)の記事

 【ワシントン=松川貴】米動物愛護協会は二十一日、全米で行われているニワトリなど家禽(かきん)類の食肉処理方法は食中毒を起こす可能性があるとして、米農務省に改善を求める訴訟をサンフランシスコ連邦地裁に起こしたと発表した。二十四日の感謝祭には、四千五百万羽の七面鳥が食卓に上る。

 訴状によると、米国では生きた家禽類を金属のかぎに逆さにつるし、通電したプールに漬けてまひさせ、それを機械で処理している。このため家禽類がプールにたまった排せつ物を吸い込み、肉がバクテリアに汚染される可能性が高いという。

 また、現在の方法では家禽類の神経がまひするだけで、意識が残っていると指摘。処理する前に無意識の状態にすべきだとして、牛や豚などの家畜について一九五八年に定めた無痛食肉処理方法を、家禽類にも適用するよう求めている。

 今回の訴訟に対し、農務省報道官はコメントは拒否し、「訴状にある処理方法はこの業界では一般的だ」と述べた。

この記事を読んで、スーパーマーケットで売られている、誰が殺したのかもわからない、誰が血を洗ったのかもわからない、それがもともとは生きていたものだとわざとわからないようにラップしてあるご清潔な肉には、もはや力などと言うものは残されてはいないのだ、とつぶやいた故ローリング・サンダーの言葉を思い出しました。

arrow2 米国動物愛護協会のサイトでは、とても正視できないような「モノとして扱われているニワトリたちの映像」が公開されています。中央の「Past Due Protections」の記事の「more」で写真が、また七面鳥の写真の下のところにある「Video: See how chickens are hung out to dry at slaughterhouses.(処理場のなかで殺されたニワトリたちがどのようにかわかされているかをご覧ください)」という部分をクリックで動画が見れます。要 RealPlayer。

|

« 目に見えない世界にあるほんとうのパワー | Main | 聖なるものはお金で買えるだろうか? »

Koyaanisqatsi (Life out of balance)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニワトリに安らかな最期をという訴え:

» 『ニワトリに安らかな最期を』:動物愛護協会 [おもしろニュース拾遺]
 光あれば影がある。生があれば死がある。喜びがあれば悲しみがある。  我々の食欲を満たしてくれる肉や魚。彼らは人間に食われることを光栄と思っているだろうか。そんなことを反省させられるニュースだ。  米動物愛護協会は二十一日、全米で行われているニワトリなど家禽(かきん)類{/hiyo_uru/}の食肉処理方法は食中毒を起こす可能性があるとして、米農務省に改善を求める訴訟をサンフランシスコ連邦地裁に起こしたという東京新聞の夕刊の�... [Read More]

Tracked on Tuesday, November 22, 2005 10:12 PM

» 大量生産の陰 [%%% jaddeCa %%%]
鳥インフル、鳥インフル・・・巷で話題になってはいますが、この記事、そしてこの記事がリンクしている動物愛護協会の見せる動画を見たら'''物のように扱われて死んでいった鶏達の怨念'''のように思います。戦争時代、何百万もの人が一度に物のように亡くなった。もう戦争は終わった。大量殺戮はもう目にする事はない・・・けど標的が変わっただけでは?'''いきなり機械で一度に何羽もグシャですか!?この愛情不足怨念タップリの肉が給食とか大衆食堂..... [Read More]

Tracked on Monday, November 28, 2005 01:09 AM

» ニワトリに安らかな最後を [猫の生活]
以前の記事にもケンタッキーの話題を書きましたが、私は鶏肉大好き。 ここのブックマークにあるBodai Brogで、鶏の安楽死に関するトラックバック(こちら)を見つけました。 ただ、東京新聞の記事も見ると分かるように、メインは食肉の「汚染」。鶏の安楽死の問題はサブですね。 日本獣医師会雑誌でちょうど安楽死についての特集が組まれていましたので読んでみました。開始はVol.58 No.5〜連載です。興味のある方は是非最初か... [Read More]

Tracked on Tuesday, November 29, 2005 03:46 PM

» 細木数子はベジタリアン? [ecogroove日記]
テレビで細木数子が スーパーで安く売ってる卵について 「薬でできている」 と言って問題になっているらしい。 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/broad_casting/ 確かに安い卵は怖い。 でもそれを言うなら、 食肉用のブロイラーはもちろん、 牛も豚も、トンデモない環境で育てている (てゆうか、工業製品として「作っている」) 業者がいるというから、もっと怖いだろう。 http://www.sweetnet.c..... [Read More]

Tracked on Thursday, December 01, 2005 12:40 AM

« 目に見えない世界にあるほんとうのパワー | Main | 聖なるものはお金で買えるだろうか? »