« これからスミソニアン博物館にラコタのウインター・カウントの展示を見に行きませんか | Main | ただちに四つの方角からの救済を »

Monday, October 10, 2005

本日はネイティブ・アメリカン・デーなり

INDIANER_SMOKESIGNAL今日(10月10日、10月の第2月曜日)は日本では体育の日ですが、アメリカではコロンブス・デーという休日です。近年、中南米ではこの「コロンブスの日」を祝うことに抗議する動きが高まっています。この日を「先住民族の抵抗の象徴の日」にしようという声も聞かれます。先住民族の団体はコロンブス・デーの祝賀会にこぞって反対し「ヨーロッパ人の出現は先住民族の伝統と土地を守るための戦いの始まりのしるし」だったと主張しています。アメリカ国内でも、無邪気にコロンブスの到着を祝うだけのお祭り気分は薄れつつあるようです。いまだに「コロンブス・デー」と普通は呼ばれていますが、インディアン・カントリーのひとつで、かつて「偉大なスーの国(グレイト・スー・ネーション)」の一部でもあったサウス・ダコタ(ダコタという言葉はスーの言葉で盟友を意味する。つまり「友だち」)では、ネイティブ・アメリカン・デーと呼ばれています。サウス・ダコタ州がこの日を「アメリカ先住民の日」と呼ぶようにしたのは1990年、沈む太陽を追いかけて船出したコロンブスがたまたまバハマ諸島のサンサルバドル島に姿をあらわしてから498年後のことでした。

|

« これからスミソニアン博物館にラコタのウインター・カウントの展示を見に行きませんか | Main | ただちに四つの方角からの救済を »

Native Time (Herstory)」カテゴリの記事

Comments

こんにちは、はじめまして。
ブログの検索からこちらにたどりつきました。
10年ほど前にアメリカをキャンピングカーもどきに仕立てた車で大陸一周しました。
当時、サンタ・フェに友人がいて、彼は主にミュージアムの展示のデザインを手がけていました。
その友人がとてもネイティブ・アメリカンに詳しくて、いくつか行ってみるといいと言われたネイティブ・アメリカンの遺跡やセドナなどに立ち寄りました。

それ以来、なぜか心にネイティブ・アメリカンのことがひっかかっていて、自分なりに本を読んだりしましたが…あまりにも奥が深すぎて、まだまだ知りたいこといっぱいです。

こちらのブログをみつけさせていただいてとても感激しています。

また遊びに伺いますね。
よろしくお願い致します。

Posted by: アミ。 | Monday, October 10, 2005 at 01:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/6294328

Listed below are links to weblogs that reference 本日はネイティブ・アメリカン・デーなり:

« これからスミソニアン博物館にラコタのウインター・カウントの展示を見に行きませんか | Main | ただちに四つの方角からの救済を »