« ネイティブ・アメリカンに残る言い伝え 目次 2004.03-2010.01 | Main | それもこれもお国のため »

Sunday, October 16, 2005

インディアンは笑う 目次 2007.01-2009.01

Indian Humor

「インディアン・ジョーク」は、Native Heart blog のカテゴリーでいうなら「Indian Humor / Indian Jokes」におさめられているものだ。いわゆるエスニック・ジョークの範疇のなかに「インディアン・ジョーク」もふくまれているが、インディアン・ジョークには「インディアンを笑う」ものと「インディアンが笑う」ものがある。わたしが集めてここで公開しているのは基本的には後者である。

Native jokesネイティブ・ピープルにとって笑いはとてつもなく重要なものであり、なおかつ神聖なものと考えられてきた。かつてわたしは『ネイティブ・マインド』(地湧社刊 1988)のなかで「ネイティブであるということは、自分が一人の、時には弱い、人間であるということをはっきりと知っていることである」「ネイティブな人たちは、人生をシリアスに考えないために、我を忘れて興じることのできる遊びと、世界をひっくり返すための笑いを忘れたことがない」と書いた。今もその伝統は消えていない。彼らは厳しい現実を超えていくためにとにかく遊び笑う人たちである。

ネイティブの人たちのユーモアとはいかなるものかをご理解いただくために、ブログをはじめてから最初の3年間に Native Heart のなかで発表紹介してきたインディアン・ジョークの数々は、『インディアンは笑う』というタイトルで2007年6月28日には書籍として発売(マーブルトロン刊行・中央公論新社発売・ISBN978-4-12-390161-1)されたので、削除した。せっかくお越しいただいて申し訳ない。というわけで、ここには、本に収録しなかった写真を使ったものと、今年2007年の1月以降のものが掲載してあるだけである。以前ここに掲載してあったネイティブ・ジョークを求めてこられた方は、これもなにかの縁、下のリンク先にある前書きを読まれた上で、なにとぞ書店にて本を手にとっていただきたい。読まれたあとで推薦の弁をアマゾンなどの書評に書き込んでいただければ当方にとって無上の喜びであります。

next Native Heart 関連記事: インディアンは笑うという本のまえがき

next Native Heart 関連記事: 北山耕平、東京エフエムのスタジオに行く


Revised Friday, February 13, 2009

  インディアンは笑う 目次 2007.01-2007.08

|

« ネイティブ・アメリカンに残る言い伝え 目次 2004.03-2010.01 | Main | それもこれもお国のため »

■ Native Heart Index」カテゴリの記事