« 人間が大きくなるには痛みが必要なのだ | Main | チェロキーに伝えられた予言 #07 »

Tuesday, October 25, 2005

チェロキーに伝えられた予言 #06

それから、エルダーたちは、あの人たちが、まるで沙漠の雲母のように光を反射するガラスをつかって国際連合ビルを建設するのを眺めはじめ、遅からずそれが「雲母の家」であることを知り、地球のうえに生きる人びとはすべてそこに行くべきであるということになった。そしてエルダーたちは一堂に会してそのことを話しあった。1920年代のときには文書を送ったものの返事はもらえなかったので、今度は雲母の家の正門の前まで直接でかけていくべきだということになった。なぜなら事態ははるかに悪くなっているようだったから。

雲母の家
houseofmica
そこでいくつかの部族を代表するエルダーたちが車でニューヨークまで出向いた。国際連合が開かれたとき、彼らは雲母の家の正面入り口の前でこう伝えた。「われわれは北米先住民族を代表するものであり、地球の各国のみなさんの前でお話しをさせていただきたい。われわれに話をさせるかどうかをみなさん方が検討できるように、答えをいただくまでに四日間という時間を与えよう」

彼らはそのままニューヨーク州の中にあるシックス・ネーションズの居留地のひとつに退いた。そして四日後に再び国際連合のビルの前に戻ったのだ。地球の各国々の人たちはインディアンが入り口のところまで訪れたことを確かに聞いたのだとわたしは信じている。彼らはインディアンたちを議場に入れるかどうかを投票できめることにした。彼らはインディアンたちがなにを言おうとしているのか聞きたかったに違いない。だがアメリカ合衆国は拒否権を持つ五つの国のひとつだった。にもかかわらず、先住民族の自主独立の気運が高まっていた頃でもあり、かなりの関心を抱きはしたのだが、わたしが思うに、結局のところ彼らはネイティブ・ピープルが国連のなかにはいることを拒否したのだ。

エルダーたちは他にも地球のうえで起こることがわかっていた。だから彼らはそのまままたシックス・ネーションズのリザベーションに撤退し、そのことについて話しあい、改めて時が迫って来つつあることを確認した。1949年のことだった。エルダーたちはこういった。「合衆国を四つの地域に分けて、毎年ギャザリングを持つことにしよう。その集まりを白いルーツの平和ギャザリング[White Roots of Peace Gatherings, the]と呼ぶことにする」(不定期につづく)

|

« 人間が大きくなるには痛みが必要なのだ | Main | チェロキーに伝えられた予言 #07 »

Native American Story」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference チェロキーに伝えられた予言 #06:

« 人間が大きくなるには痛みが必要なのだ | Main | チェロキーに伝えられた予言 #07 »