« すべての人間たちの母親 | Main | 自分が誰かを知るために自らにたいして施す教育のすすめ »

Wednesday, August 03, 2005

もし死因が「生きていることに伴う圧倒的な不幸」だったら

th_TF44001アメリカでも社会は内側にさまざまな問題を抱えている。たとえば自殺率。近年大幅に自殺率が低下しているなかで、逆に自殺率が増えてきているのが、十代(ティーンエージャー)とアメリカ・インディアンである。十代の自殺率は60年代の3倍にも達し、インディアンの青少年になると、数字はさらに上回る。あるデータによると、インディアンであるだけで、他の平均的なアメリカ人よりも72バーセントも自殺する確率が高くなっているし、あなたが今インディアンの青少年であったなら、自殺する確立はなんと300パーセントを越えているのだ。とくに北部大平原に暮らしているネイティブのティーンエージャーたちが悲惨で、数字的にいうと一人がこれまでに10回死んでもおかしくないぐらいで、生きていることだけで奇跡のようなものなのだといわれている。ほんの数ヶ月前にも、シャイアン・リバーのラコタ国では17人ものティーンたちが連続して自殺をしてしまったばかりだ。自殺は連鎖的に起こったもので、これは大量の不幸にとりつかれて絶望しているインディアンの人たちの世界にとてつもない危機が迫っていることを意味する。子供たちの自殺の原因が「生きていることに伴う圧倒的な不幸」だとしたら、ほんとうの問題の解決策はどこにあるのだろうか?

|

« すべての人間たちの母親 | Main | 自分が誰かを知るために自らにたいして施す教育のすすめ »

Koyaanisqatsi (Life out of balance)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/5291537

Listed below are links to weblogs that reference もし死因が「生きていることに伴う圧倒的な不幸」だったら:

« すべての人間たちの母親 | Main | 自分が誰かを知るために自らにたいして施す教育のすすめ »