« 皆殺しの恐怖におびえるインディアンの女性たち | Main | かの呪術師ドン・ファンは生命保険に入っていただろうか? »

Saturday, August 20, 2005

エルダーたちによれば、もうひとつの世界は

「死だと? 死などというものは存在せん。それは世界が変わるだけのことに過ぎない」
チーフ・シアトル ドゥワミッシュ一族

世界はひとつではなくてふたつあるのだと彼らはいう。目に見えている世界と、目には見えていない世界のふたつだ。このふたつの世界は、物質的な世界と、精神的な世界と呼ばれることもある。今のこの世界からもうひとつの別の世界に旅立つ際、ネイティブのエルダーたちによれば、その数日前に、先に行っている親戚や血縁者たちのうちの誰かが姿をあらわして、スピリットの世界にはいるために手を貸してくれるのだという。スピリットの世界というのは、しばしば「幸福な狩り場(ハッピー・ハンティング・グラウンド)」などと形容されるように、とても楽しくて幸福な場所であるらしい。曾祖父たちや、偉大なる精霊や、神々の暮らす喜びにあふれた土地であるそうな。

|

« 皆殺しの恐怖におびえるインディアンの女性たち | Main | かの呪術師ドン・ファンは生命保険に入っていただろうか? »

To All My Relations」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エルダーたちによれば、もうひとつの世界は:

« 皆殺しの恐怖におびえるインディアンの女性たち | Main | かの呪術師ドン・ファンは生命保険に入っていただろうか? »