« マヤによれば8月11日は今の世界が創られた記念日なの | Main | コスタリカでイルカとの遊泳を全面禁止 »

Saturday, August 13, 2005

昨日の夜の雨はカチーナたちからの返事なのか?

hopisungod昨日の「カチーナのための夕べ」のために、昨日神奈川県立近代美術館葉山館にお集まりいただいたみなさんにこころからお礼を言います。

とにかく不思議な一日でした。のなかかつみさんのインディアンフルートを引き受ける形で講演をはじめた時にぱらぱらと降っていた雨も講演が終わる頃にはほとんどあがり、真砂秀朗さんと藤本八重さんのお二人によるカチーナたち(美術館に展示されていた79体のカチーナたちと、ご参集いただいた百人を超すみなさんのなかのカチーナたち)のための演奏が終わって、輪のように置かれた大きな蝋燭に火が灯された中庭にぞろぞろと出た時には、青黒い夜の空の雲間に8日目の月がかかり、星も、また遠くで雷も、瞬いていました。遠くに葉山の海も見えて、不思議な空間が浮かび上がっています。中庭にはそこはかとなくセージの煙がただよい、のなかさんと真砂さんが再度そこでインディアンフルートをカチーナたちのスピリットたちのために捧げ、八重さんがその声で演奏に加わって、演奏による祈りが終わり、誰もがなんとなく去りがたい気持ちで会場をあとにしました。カチーナたちにかわってお礼を言います。

その後浜辺に降りてブルームーンという海の家(「ビーチハウス」と言えよな)で、映画「ロング・グッドバイ」のようなモノクロームな夏の夜の海を眺めつつ冷たいもの(息子はガラナジュース、ぼくはアイスティー、かみさんはピニヤコラーダ)を飲んでエスニックなおつまみなどほおばりつつ関係者の打ち上げ。潮騒を聞きながら波間に写る月を観つつ友だちと会話を交わして10時少し過ぎに夜空の月が赤くなってきたので車で帰途につきました。逗葉新道を経由して横浜横須賀道路にはいり、そのまま一路相模原に向かってしばらく車を走らせたころ、あれは東名高速道路の入り口を告げる最初の標識が出たあたりのところで、いきなり天が破れたかと思えるほどの大雨。雷の光が空を切り裂き、しばらくまったく視界がなくなるぐらいの局地的集中豪雨です。ワイパーなんてまったくききません。空の水道の蛇口を全開にひらいたような滝のような大雨。一瞬世界が灰色になりました。ひえー、すごいすごい。なにごとか、なにごとか。周囲の車も皆いっせいにハザードランプを点灯してスピードを極端にさげてのろのろと運転。こちらも前が見えずにおそるおそる極端にスピードを抑えて運転しながら、あらためてカチーナたちのスピリットの力に感心することしきり。おさえにおさえていた天の栓が一度に抜けて一気に水が降り出したかのようなのです。もともと天気予報では雨が降ることはわかっていたのですが、あまりの現実のありかたに頭の下がる思いでした。その後15分ほどで又嘘のように、なにごともなかったかのように雨が上がって、その後もまったく渋滞がないまま葉山からわが家まで1時間たらずで到着し、シャワーを浴びて泥のような眠りについた次第です。やはりホピのカチーナはあなどれません。カチーナが踊ると「ほんとうに」雨が降るのです。

|

« マヤによれば8月11日は今の世界が創られた記念日なの | Main | コスタリカでイルカとの遊泳を全面禁止 »

To All My Relations」カテゴリの記事

Comments

 北山さん、昨日は有難うございました。そしてお疲れ様でした。素敵な宵を過ごさせて頂きました。

 初めてカチーナ人形をまじかに見ましたが、どれも個性があって可愛かったですね。特に太陽のカチーナは連れて帰りたかったくらいです。
 そして、あの雨・・・僕は帰りついた自由が丘でカチーナの力を身をもって知りました。ずぶぬれになって家にたどり着きましたが、なんか楽しかったです。

Posted by: 聡哲 | Saturday, August 13, 2005 05:15 PM

北山さん、遠くは九州や京都からおいでになった
上は82歳から下はお母さんのお腹の中の赤ちゃんまでのみなさま。
ありがとうございました。
アース○サークルとして、今回の会にかかわって進めていく中で、
りりしくて、こっけいで、いかめしく、ほっとする
たくさんのカチーナたちが、生き生きと
変化自由に存在していて、人間の窮屈さを笑い飛ばしているような気がしました。
少しでもその自在さにあやかりたいです。

カチーナさんたち、日本の旅 ほんとにお疲れさまでした。

Posted by: おおぞら  | Saturday, August 13, 2005 05:40 PM

北山先生、関係者の皆さま、金曜日は素敵な会をありがとうございました。鵠沼の友人と二人で参加したのですが、それから3日間、「カチーナの力」に圧倒されっぱなしでした。ちょうど週末ということもあって、湘南の友人たちと様々な計画を立てていたのですが、カチーナさんへお参りしてから、何もかもが楽しい方向へ進み、見守られている感じがしました。カチーナさん、ありがとうございました。

Posted by: sun | Monday, August 15, 2005 11:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 昨日の夜の雨はカチーナたちからの返事なのか?:

» カチーナのための夕べ [Transparency Blue]
 4年前、セドナに着いたその夜に見た夢は、小さなココペリの不思議な踊りだった。 [Read More]

Tracked on Tuesday, August 16, 2005 12:11 AM

« マヤによれば8月11日は今の世界が創られた記念日なの | Main | コスタリカでイルカとの遊泳を全面禁止 »