« 東京でアイヌ民族供養の式 同化教育施設の跡地で | Main | 生きるために必要な四つの大切なもの »

Tuesday, August 09, 2005

カチーナのための夕べ(8月12日)でお会いしましょう(再掲)

eveningkachinas今、神奈川県立近代美術館葉山で「現代ドイツの巨匠とホピ族の精霊たち アンテスとカチーナ人形」という展示が行われていいることはすでにNative Heart (Saturday, July 02, 2005) 「カチーナたちが最後の踊りを踊るとき」においてお伝えした。小生は、アンテス氏所蔵のカチーナ人形が昨年の夏に日本列島の各地を巡業しはじめる時から、この企画そのものにコミットしてきた(といっても、求められてパンフレットに原稿を書いたり、会場で講演会をしたりというぐらいのことだけれど)。だから、いよいよ人形たちが日本列島から去る日が近づいて、なんだか妙にさみしくもある。何度か顔をあわせるうちにお気に入りのカチーナも出来たのに。そこで、この一年の、カチーナたちのけなげな巡業にたいして感謝を捧げる気持ちもあり、彼らのスピリットをねぎらうための集いを企画していただいた。葉山在住のアーティストでインディアン・フルート奏者でもある真砂秀朗さんらとともに一夕を潮風に吹かれながら美術館の中庭でのんびりと過ごしたい。カチーナの精霊たちのためにも、思いやりと平和な心を持ってご参集ねがえたらと思う。

プログラムの受付は終了しました。ありがとうございました。  *当日は、お盆休みでもあり、海水浴客も多いことから、美術館周辺は交通の激しい混雑が予想されます。またトークとライブの終了後にカチーナ人形を鑑賞する時間は、閉館時間との関係でほとんどありません。じっくりとカチーナのスピリットと対面を希望される方は、少なくともイベントの始まる1時間前には美術館までお越しください。

以下にそのあらましを掲載しておきますが、より詳細は、この集いのためのリーフレットに絵を描いていただいた真砂さんのサイトに掲載されているリーフレットそのものをご覧ください。

arrow2 One Evening for Hopi Kachinas のリーフレット


アンテスとカチーナ人形展in葉山 特別企画

One Evening for Hopi Kachinas

カチーナのための夕べ

8月12日[金]午後5:00〜8:00
会場:神奈川県立近代美術館
主催:神奈川県立近代美術館/カチーナを送る会

★トーク 5:00〜6:30pm ホピとはどういう人たちか+カチーナたちは日本でなにを見たのか/北山耕平
★ライブ 7:00〜8:00pmインディアン・フルート+太鼓/真砂秀朗 ゲスト・ボーカル/Yae

参加券:A¥3,000(トーク+ライブ)定員70名 B¥2,000(ライブのみ)
中高生A¥1,500 B¥1,000 小学生以下無料
★この券で「アンテスとカチーナ人形展」も観覧出来ます。展示室への入場は6時半まで、観覧は7時までです。トークやライブにご参加の場合は、それ以前にご覧下さい。
★A・B共に 要予約。Aは定員になりしだい締め切ります。

氏名・年齢・ご住所・Mail・Tel・Faxを明記の上、E-Mailまたは、Faxでお申し込み下さい。

予約確認を返信し、当日、会場にて参加料と引き換えに参加券をお渡しいたします。(2:00pm〜受付開始)

お申込み:カチーナを送る会(事務局アース○サークル)
kazeohiraku@hotmail.co.jp Fax 03-5486-9847
問い合せ:事務局 アース○サークル
Fax 03-5486-9847(Fax 優先)090-9243-0129/080-3006-5403
*収益は開催経費にあてられますが、その一部はカチーナを送る会より、先住民を支援するファウンデーション、又は、NPOに寄付される予定です。


Profiles

真砂秀朗 Hideaki Masago
世界各地のネイティブカルチャーをもとに、独自の音楽世界を作り、同時にビジュアルアートの分野で活動しているアーティスト。91年 地球に生きる人のアイデンティティーをテーマにアワレーベルを発足させ、「しおのみち」「弓の島」などのアルバムをプロデュース。たびたび訪れた北アメリカ南西部の旅での体験からインディアンフルートを中心とした曲作り、演奏活動を始める。「Chaco Journey」をはじめ数々のアルバムをリリース。他、アートワークの展覧会、絵本、著書 多数。葉山在住。
オフィシャルサイト http://www.awa-muse.com

Yae 本名 藤本八恵
音楽劇「コルチャック先生」歌手役でデビュー。1999〜「歌うたい」として活動を始め、その後、作詞、作曲を手掛け、数多くのアルバムもリリース。TV朝日系「素適な宇宙船地球号」のエンディングテーマや、NHK「みんなのうた」など、メディアの世界でも様々に活躍。米、サンフランシスコ世界平和音楽祭への参加など、国内外を問わず音楽を通しての支援活動にも取り組みはじめている。
http://www.yaenet.com

[交通案内]
●公共交通機関利用の場合
JR横須賀線 「逗子」駅前(3番のりば)また、京浜急行「新逗子」駅前(2番のりば)から京浜急行バス「海岸回り葉山行き」で「三ケ丘 近代美術館前」下車(所用時間18分)
※お盆休みで海水浴の方たちも多いために、交通渋滞が予想されます。あらかじめ時間に余裕を持ってお越しください。

●横浜横須賀道路利用の場合
逗子インターチェンジから逗葉新道経由で7.8km
横須賀インターチェンジから県道27号線横須賀葉山線経由で7.2km
※駐車場に限りがあります。なるべく公共交通機関をお使いください。

神奈川県立近代美術館 葉山 TEL. 046-875-2800
〒240−0111神奈川県三浦郡葉山町一色2208−1
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/

|

« 東京でアイヌ民族供養の式 同化教育施設の跡地で | Main | 生きるために必要な四つの大切なもの »

Medicine Talk Information」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/4996234

Listed below are links to weblogs that reference カチーナのための夕べ(8月12日)でお会いしましょう(再掲):

» 【イベント】カチーナのための夕べ [野人魂]
「風をひらく」を主催しているアース○サークルより 案内をいただきました。 いよいよ夏本番! 潮風に触れたい方、精霊たちと語りましょう! トークとライブの前にカチーナに逢ってきてくださいね。 +++++++以下転送++++++++ 湘南 葉山の神奈川県立近代美術館で、現在開催中の 「アンテスとカチーナ人形展」の中で、 日本を旅したホピ族の精霊カチーナたち(約80体)を 聖なる山に送るための催しを行ないます。 One Evening for Hopi Kachinas... [Read More]

Tracked on Wednesday, July 20, 2005 at 01:58 PM

« 東京でアイヌ民族供養の式 同化教育施設の跡地で | Main | 生きるために必要な四つの大切なもの »