« カチーナたちが最後の踊りを踊るとき | Main | 法律も、警察も、牢屋もなくて、どうして安全が保てたのだろうか? »

Sunday, July 03, 2005

レオナルド・ペルティエがインディアナ州刑務所の独房に移送された

6月30日木曜日のこと、家族や弁護士になんの通達もないまま、ネイティブ・アメリカンの政治犯であるレオナルド・ペルティエはインディアナ州テレ・ハウトの刑務所の独房に移送された。独房にいれられる期間は無期限だとか。ペルティエはすでに29年間獄につながれていて、よわい60歳を数え、健康状態もあまりよろしくない。弁護委員会と家族や友人たちは彼の体調、健康状態、身の安全や、彼がこれまでレブンウォース刑務所や他の監獄における品行方正によって得た彼の権利(信仰、絵を描く、面会、電話をするなど)が脅かされるのではないかと、ことのほか危惧している。詳細は以下のサイトへ(英文)。

Leonard Peltier Moved to Indiana, and Put In "The Hole"

|

« カチーナたちが最後の踊りを踊るとき | Main | 法律も、警察も、牢屋もなくて、どうして安全が保てたのだろうか? »

Native News Update」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/4815902

Listed below are links to weblogs that reference レオナルド・ペルティエがインディアナ州刑務所の独房に移送された:

« カチーナたちが最後の踊りを踊るとき | Main | 法律も、警察も、牢屋もなくて、どうして安全が保てたのだろうか? »