« 白いカモシカはなにを伝えに来たのか? | Main | 糸魚川周辺を基点に縄文の交易網7千年前から »

Wednesday, July 06, 2005

アンティロープたちとガラガラヘビたちのダンス

今回、右サイドバーの「Peace」な写真として選んだのはカメラマンのエドワード・カーティス(Curtis, Edward S., 1868-1952.)が1920年ごろに撮影したホピ・インディアンのオライビ村の広場でおこなわれたアンティロープたちとガラガラヘビたちのダンスの1シーン。小さくてよくわからないという人は、写真をクリックすると大きな画像で見ることができる。ホピの男性は成人するとみな秘密結社にはいる。そうした結社のなかにアンティロープもスネークもある。写真の右の列、腰から尻尾を下げているのがアンティロープ結社の人たち、左側で左側で全身を赤茶に塗り手で蛇を持っているのがガラガラヘビ結社の人たち。まさにスネークダンスが始まろうとしている時だ。右端にコットンウッドの樹が見えているだろう。このコットンウッドの茂みのなかには蛇の守り人が座っていて、蛇のはいっている壺を管理し、一匹一匹ガラガラヘビを取りだしてダンサーたちに手渡す。後ろのアドベ・ハウスの屋根には村人が集まってダンスを観ている。昔ながらの日干し煉瓦造りのホピの家はどの家も屋根に上がれるようになっている。メサと呼ばれる卓上台地のうえの光景で、拡大写真では左端遠くに二本の棒が地面からつきだしているのがかろうじてわかる。これがキバと呼ばれる地下の神聖空間にはいるはしごである。一切の写真撮影やスケッチが禁止されている今となっては貴重な一枚である。

|

« 白いカモシカはなにを伝えに来たのか? | Main | 糸魚川周辺を基点に縄文の交易網7千年前から »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/4854376

Listed below are links to weblogs that reference アンティロープたちとガラガラヘビたちのダンス:

« 白いカモシカはなにを伝えに来たのか? | Main | 糸魚川周辺を基点に縄文の交易網7千年前から »