« 糸魚川周辺を基点に縄文の交易網7千年前から | Main | 虹の戦士は沈まない »

Saturday, July 09, 2005

なに、インディアン・タイムだって?

せっかくおいでいただいて恐縮ですが、この記事は、書籍化にともなって、削除されました。ここにあった文章は『ネイティブ・アメリカンとネイティブ・ジャパニーズ』(太田出版2007年7月刊)に、加筆改訂版が収録されています。ネイティブ・ハート・ブログの書籍化については「さらにブログを続けるということ[Native Heart Friday, June 01, 2007]」のアーティクルを参照のこと。わざわざ探し出してここまでこられたのに誠に申し訳ない。願わくば拙著にて、より完成された表現媒体となったものを、お読みください。
北山耕平 拝

|

« 糸魚川周辺を基点に縄文の交易網7千年前から | Main | 虹の戦士は沈まない »

To All My Relations」カテゴリの記事

Comments

 昨日はお疲れ様でした。一回目の「風をひらく」での『虹の戦士』も良かったですが、今回は『ジャンピング・マウス』の内容も良かったし、場の雰囲気も落ち着いて皆が一緒になっている感があり、とても物語に引き込まれて幸せでした。次回もああいう和の雰囲気のところが良いですね。

 ストーリー・テリングは自分達が何ものかを忘れている私たちにとって、絆をつくりだす民族全体のヒーリング、癒しの一つになっているのではないでしょうか。これからも多くの機会を作って広めたいですね。自主映画ガイアシンフォニーのように、このような企画が地方にもどんどん広まって欲しいです。これからも頑張ってください。
 
 それから、やっぱり北山さんのお話がもっとあったほうが良いです。思いっきりインディアン・タイムで次回はお願いします(笑)

Posted by: 聡哲 | Saturday, July 09, 2005 at 11:53 AM

 北山さんといろいろな方々のおかげで、すばらしく満ち足りたひとときを体験することができました。どうもありがとうございました。 その後、本も読みました。余韻なのかなんなのか、今も何かがじわじわと染み込んでくるような感じがしています。 あの時お話させていただいたように、いつかぜひ、東北での集まりの機会を、お願いしたいと思っています。考えている場所は、岩手県九戸郡山形村にある、バッタリー村というところです。山の生き物たちも聞きに集まってくるようなところです。

Posted by: 秋元 浩治 | Wednesday, July 13, 2005 at 09:11 PM

ぴょん☆です。

>わたしが腕時計をしなくなったのは二十数年前、

僕も腕時計をしなくなってから1ヶ月たちました。
時間を手放した時から、本当に大切なことに集中できるようになりました。

先日ゆうどで、「あの、いま何時ですか」と
受付の人にたずねたところ、みんな大慌て。
気が付くと腕時計していないんです。

鞄から携帯電話を出して、時間を教えてくれました。

こんど、北山さんの話をゆっくり聴かせていただける
時がくるのをお待ちしています。

Posted by: ぴょん☆ | Friday, July 15, 2005 at 05:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/4889082

Listed below are links to weblogs that reference なに、インディアン・タイムだって?:

« 糸魚川周辺を基点に縄文の交易網7千年前から | Main | 虹の戦士は沈まない »