« 線を引く行為にひそむ危険 | Main | わたしたちは祈ることを忘れている »

Monday, June 06, 2005

ON THE ROAD AGAIN (6月の講演会のお知らせ)再掲

6月11日(土) 仙台 宮城県

ホピの予言〜2004年版〜」自主上映会+講演会
 出演 辰巳玲子(ランド・アンド・ライフ)&北山耕平 

日時:2005年6月11日(土)13:00〜17:30
場所:仙台市太白区中央市民センター3F・大会議室
主催:仙台すぴこん事務局
参加費:3,000円 88名(要予約)
arrow2 http://sendai.spicon.org/hopi.htm
[お申込み・お問い合わせ]メール、FAXもしくは電話でご連絡ください。
電話 070-5620-4133 FAX 022-303-2778 仙台すぴこん事務局・ハガさん

映画『ホピの予言』・・・86年製作のオリジナルは、平和の民と呼ばれるアメリカ先住民ホピに口承で伝わる偉大なる精霊の教えと、大地と生命の調和に立ったホピの生き方を軸とし、ホピの聖地で行われているウラン採掘と放射能汚染、石炭露天掘りと強制移住など厳しい現実を映し出しています。この現代社会の病理の雛形を表しているのと同時に、バランスを失った世界を作り出してしまった人類への警告でもあります。また、ホピと被爆国日本とのつながりを紹介し、私たちにとって大きな平和のメッセージとなりました。87年11月には、アメリカンインディアンフィルムフェスティバルにおいてドキュメンタリー大賞を受賞。
2004年版・・・オリジナルに加え、昨年5月に撮録したマーチン・ゲスリスウマ氏のインタビュー映像(約20分)を上映します。氏は93年、国際先住民年の行事として国連で開かれた「地球の叫びークライ・オブ・ジ・アースー」において、ホピ派遣団の代表としてスピーチを行いました。

会場案内:仙台市太白区文化センター&中央市民センター3階・大会議室


6月12日(日) いわき市 福島県

5月28日からいわき市立美術館にて開催中のアンテスとカチーナ人形展(7月3日まで)において講演を行います。

講演会「ホピとはいかなる人たちか — ホピ・カチーナの教え
講師 北山耕平(翻訳家・作家)
日時 6月12日(日) 14:00〜
会場 いわき市立美術館セミナー室
参加無料、席数50席(先着順)

現代美術の巨匠ホルスト・アンテスの作品と、アメリカ・インディアンの一族「ホピの人々」が、宇宙の万物に宿る精霊として深く信仰する「カチーナ人形」を並列的に展示する展覧会。アンテスは、画家、版画家、そして彫刻家として世界的に活躍する美術家であると同時に、アボリジニの作品や南米の先住民族の羽根かざりなどプリミティブ・アートの一大収集家としてもその名を知られます。とりわけ、約800点に及ぶカチーナ人形のコレクションは世界最大を誇っています。カチーナ人形は、20世紀初頭の欧米の芸術家たち、特にシュルレアリストたちに礼賛され、その高い精神性と芸術性は、今なお人々のこころをひきつける魅力を放っています。今回の展覧会は、アンテスのコレクションの中から厳選した79体のカチーナ人形とアンテスの初期から最新作にいたる62点の作品でアンテスの芸術世界を紹介します。カチーナ人形とアンテス作品、ともに日本では始めての本格的な展覧となる本展は、芸術家とその制作の着想の源、両者のスピリットに触れる貴重な機会となることでしょう。(案内より)

いわき市立美術館 Iwaki City Art Museum
〒970-8026 福島県いわき市平字堂根町4−4
電話 0246-25-1111 FAX 0246-25-1115


6月13日(月) 西郷村 福島県

福島県西郷村のギャラリー『灯庵』で午後にお話し会をひらきます。
テーマ 自然のレッスン〜ネイティブアメリカンに学ぶ教育と生活
話す人 北山耕平

第1部 PM1:30〜3:00
自然のレッスン1〜ネイティブアメリカンに学ぶ教育〜

第2部 PM6:30〜8:00
自然のレッスン2〜ネイティブアメリカンに学ぶ生活〜

それぞれ ¥2000(1ドリンク付き)小学生半額、幼児無料
両方参加される方は、ネイティブアメリカンポストカード差し上げます。

会場 お問い合わせ 繋ぎの空間『灯庵』
〒961-8071 福島県西白河郡西郷村大字真船字芝原307−38
電話 0248-48-0884 090-7661-9970
arrow2 ホームページ

|

« 線を引く行為にひそむ危険 | Main | わたしたちは祈ることを忘れている »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/4354312

Listed below are links to weblogs that reference ON THE ROAD AGAIN (6月の講演会のお知らせ)再掲:

« 線を引く行為にひそむ危険 | Main | わたしたちは祈ることを忘れている »