« 核戦争を避ける方法 | Main | 御神木を切る儀式がテレビで中継されることになった »

Friday, May 27, 2005

出土した縄文時代中期の石皿に国内最古の水銀朱精製の跡

奈良新聞が本日(5月27日)に伝えた記事によると、奈良県吉野郡の川上村迫の「宮の平遺跡」で、水銀朱の精製に使った縄文時代中期の石皿が出土していたらしい。同遺跡の発掘をした橿原考古学研究所の橋本裕行さんは「古代の朱は酸化鉄から精製したものが主流で、何のために水銀朱を精製していたのか今の段階では分からない」と話しているとある。

宮の平遺跡では、縄文時代早期(約9000年前から8000年前)の竪穴住居跡や、自然石を半円形に並べた縄文時代中期末から後期初頭ごろ(約4000年前)の環状列石(ストーンサークル)が見つかったというが、そこは現在、大滝ダムの底に沈んでいる丹生川上神社上社の旧境内にあった。丹生川上神社は別名雨師神とも称されて雨を司る神を祭神だった。問題の石皿は、今は川上村迫の「森と水の源流館」にあるらしい。

arrow2 記事の全文と、なにげに赤色に染まっているようにも見える石皿の写真

|

« 核戦争を避ける方法 | Main | 御神木を切る儀式がテレビで中継されることになった »

Native Time (Herstory)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 出土した縄文時代中期の石皿に国内最古の水銀朱精製の跡:

« 核戦争を避ける方法 | Main | 御神木を切る儀式がテレビで中継されることになった »