« 木と葉の関係 | Main | ネイティブ・アメリカン・ナチスでいるのは、大変だ »

Thursday, April 21, 2005

暗闇のウェーブ

certificateアインシュタインの没後50周年、三大論文の発表から100年を記念した「暗闇のウエーブ」に参加したので参加証をもらいました。アインシュタイン終焉の地プリンストンを起点に、順次灯りを2分間だけ消す事で、全世界、全ての国に「暗闇のウェーブ」を巡らせ、彼の業績を偲ぼうと言う催しです。電気を消すというのが気に入りました。夜に意識的に電気を消すことが、これからも増えるような気がします。息子と過ごした2分間は貴重なものになりました。空で見ていた彼も喜ばれたでしょう。

|

« 木と葉の関係 | Main | ネイティブ・アメリカン・ナチスでいるのは、大変だ »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

初めまして、ネイティブアメリカンについて
調べていてたどり着きました。
自分がニュージーランドに滞在していた時に
マオリ族と言う文字を持たないポリネシア系の
民族に出会い、色々調べているうちに、環太平洋
に広がる太古の文化に非常に興味を持ちました。
そういった古代の伝統が残っているのは、
北米、中南米、南米の先住民や、太平洋諸島
の人々くらいで、大陸の影響を受けた日本では
中々残りづらいようでした。
これからも、拝読させて頂きます。
今後ともよろしくお願いします。

Posted by: つるりん | Thursday, April 21, 2005 at 04:07 PM

はじめまして。私は最近「自然のレッスン」を購入しました。毎日色んな気付きをいただけて感動しております。ありがとうございました。

私もウエーブに参加しました。食事のあと、息子と二人で、家にいながらして世界的なイベントに参加していた事に、ワクワクしておりました。

いつも楽しく読ませてもらっています。これからもよろしくお願い致します。

Posted by: ナカコ | Thursday, April 21, 2005 at 11:19 PM

つるりんさんのコメントを読んで。

マオリの人々に会ったのですか。いいなー。
おれもいつかお会いしたいと思っています。

日本は確かに二千年ほど前から大陸の影響を受けて、いにしへの伝統が残りにくくなっていますが、自分の眼でじっくりと見つめていけばまだまだ見つけられますよ。亀の国(アメリカ大陸)やニュージーランドと時間も期間も違うので影響の受け方もまた当然違い、いまに残っている残り方も多少違いますが、環太平洋のほかの伝統と根は同じですよね。(多分、一万二千年前ごろまでは地球上どこでもこの伝統があったのだと思っています。)
アイヌの人たちの伝統も知っていくととても手がかりになると思いますよ。

Posted by: 柴﨑 | Friday, April 22, 2005 at 12:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/3793093

Listed below are links to weblogs that reference 暗闇のウェーブ:

« 木と葉の関係 | Main | ネイティブ・アメリカン・ナチスでいるのは、大変だ »