« アメリカへのスピリチュアル・メッセージ | Main | 良い朝! »

Wednesday, January 12, 2005

神聖な色

多くのネイティブ・ピープルの部族が、自分たちにとって神聖な色を持っています。そしてその色には特別な意味があるとされているのです。例をあげると、チェロキーの人たちが大切なものとしている色は「赤」と「黒」です。彼らはさまざまな儀式や踊りのときにこの色の衣服を身につけます。「赤」は「太陽の昇ってくる東」を意味し、「黒」は「太陽の沈む西」をあらわしています。彼らにとって「白」は「南」を、そして「青」が「北」を象徴する色とされるのです。一方、南のマヤの人たちは「東」を「赤」、「西」を「黒」とするところまでは同じですが、「南」は「黄色」で、「北」が「白」となっています。「南」の「黄色」は「聖なるトウモロコシ」を象徴するのです。

ところで古代中国の影響が色濃い「日本国」では、大相撲の土俵の房の色や、キトラ古墳の四方の壁の色から判断して「東」が「青」で、「南」は「赤」、「西」が「白」、「北」が「黒」となっています。

中国の影響下に入る以前のわたしたちの聖なる色はなにだったのでしょうね?

|

« アメリカへのスピリチュアル・メッセージ | Main | 良い朝! »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 神聖な色:

« アメリカへのスピリチュアル・メッセージ | Main | 良い朝! »