« なにもしないことを楽しむ | Main | おもしろそうな講座とフォーラムの案内 »

Friday, January 21, 2005

ネイティブ・アメリカン音楽大賞

7th Annual Native American Music Awards (NAMMY)

恒例となった「ネイティブ・アメリカン音楽大賞」の第7回授賞式が2月10日にフロリダのハリウッドというところにある「セミノール・ハードロック・ホテル・アンド・カシノ Seminole Hard Rock Hotel & Casino, Hollywood, Florida」で開催される。これはいうならばネイティブ・アメリカンの世界における「グラミー賞」や「アメリカ音楽大賞」「MTV音楽大賞」のようなものなのだ。華々しく全世界にニュースが流されることもないけれど。

アメリカ・インディアンに対する関心の入り口はさまざまにある。ある人には本だったり、写真集だったり、また別の人には映画だったり。ぼくの場合はあきらかに彼らの音楽がその入り口のひとつだった。アメリカ・インディアンの音楽というと、インディアン・ラブ・フルートが代表的で、最近では、真砂秀朗さんや、マーク アキクサさんや、ツイン・フルートを演奏する信州のノナカ カツミさん、北海道でインディアン・フルートの製作と演奏をしている小野昭一さん(ブルーレイバンクリエーション)などのように各地で演奏する日本人演奏家も増えている。日本列島に生まれ、生まれ落ちたときにはあらかじめすべてを奪われてしまっていたわれわれに、日本列島がまだ日本と呼ばれるようになる以前の、草や木や石が話をしていた時代の光景を想像させてくれる力を持つインディアン・フルートの音色は、実際多くの人たちの心をとらえているようだ。それが「マザー・アース・ミュージック(こんな言葉があるかどうかわからないが)」であることは間違いないだろう。

もちろんインディアン・フルートの演奏が、ネイティブ・アメリカンの音楽シーンの中心にあることは誰もが認める事実であり、この「ネイティブ・アメリカン音楽大賞」にも「ベスト・フルーティスト」という賞が別枠で設けられているぐらいなのだが、現代の日本の音楽シーンがけして津軽三味線や尺八演奏一色ではないように、ネイティブ・アメリカンのコンテンポラリー音楽も実に多岐にわたっている。ロック、ポップ、ジャズ、ブルース、フォーク、カントリー、ゴスペル、ニューエイジ、ラツプ、ヒップホップ、ストーリーテリングとなんでもありの世界なのだ。そういえばインディアン・フルートの演奏家の代表であるカルロス・ナカイが20年以上前、アメリカの音楽シーンに儀式用のレガリアを身にまとって颯爽と現れたたとき、そのサウンドは「フリー・ジャズ」に分類されていたっけ。日本でも彼のことを山下洋輔らと競演した風変わりなジャズ・ミュージシャンとして知っている人もいることだろう。ネイティブ・アメリカンの作家に比べて、ミュージシャン・アーティストの層が厚く多いことは、口から耳へのオーラルな伝統文化の影響なのだろうか。

SeminoleHardRock「ネイティブ・アメリカン音楽大賞」が脚光を浴びるようになったのはここ数年のことで、とくに昨年の第6回のニューメキシコ大会からは、ネイティブ・アメリカンのミュージックシーンがアメリカの音楽産業と融合しはじめて、資本も流れ込みはじめだいぶ大がかりのものとなってきたのである。彼らの音楽のすべてに共通している特徴は「スピリット」と呼ぶべきものの力であるのかもしれない。もともとインディアンの人たちは音楽に対してきわめて敏感だった。大地を揺るがすドラムビートはあらゆる儀式の基礎を作りあげる働きをしてきたし、儀式の際に歌われる歌は魔法のように別の世界を作りあげてきた。こうした伝統のうえに、エレクトリックがミックスされることで、若い音楽家が多く参加するようになり、彼らのミュージック・シーンが大きく花開こうとしているのである。

とまあ、ここまで書いてきて、いったいこいつはなんでこんなことを興奮気味に話をしているのかと首をかしげるあなたがいるかもしれない。そこで、ここはどうしてもできるだけ多くの人たちに、ネイティブ・アメリカン・ミュージックを体験していただきたいと、わたしとしては思うのだな。実はそのためにうってつけのインターネツト・ストリーミングによるラジオ放送局がある。以前にも紹介したことのある「ネイティブ・ラジオ(NativeRadio.com)」が、その「ストリーム3、4、5」の3つのチャンネルで、過去の受賞作品を24時間オンエアし続けていて、われわれも幸運なことに高音質で聞くことができる。仕事をしながら流しておくのにはうってつけのラジオ局だと思うぞ。(Srream 3 はWindowsのWindows media Playerに対応、Stream 4.5 はMP3でアップルiTunesにも対応)

さて今回のフロリダで開催される第7回「ネイティブ・アメリカン音楽大賞」はその土地のネイティブであるセミノール、サギノー・チペアのふたつの部族、そしてネイティブ・ラジオ局等がスポンサーを務めている。この大会の入場料はひとり100ドルで、今月の14日から会場の「セミノール・ハードロック・ホテル・アンド・カシノ」のボックスオフィスで前売りがはじまっている。もし来月フロリダに行く機会がある人は、頭に入れておいてください。


▼今回のノミネート作品のリストを参考までに以下に掲げておきます。

Seventh Annual NAMMY NOMINEES(今回のノミネート作品)

A. Artist of the Year 最優秀アーティスト
1 Joseph Firecrow w Billings Symphony "Signature - Parmly's Dream"
(Papamouse)
2 Litefoot "Native American Me" (Red Vinyl)
3 Mary Youngblood "Feed The Fire" (SilverWave)
4 R. Carlos Nakai "Sanctuary" (Canyon)
5 Verdell Primeaux "Peyote Songs" (CR)

B. Best Blues/Jazz Recording 最優秀ブルース・ジャズ・レコード
1 Cecil Gray & Red Dawn Blues Band "Indian Harmony" (CG)
2 Jan Michael Looking Wolf Reibach "Native Blues" (Cedarfer)
3 Joy Harjo "Native Joy For Real" (Mekko)
4 Marc Cary-Indigenous People "Native Go Go Rhythms Please"
5 The Red Corn Band "Red Corn Sessions" (AB)

C. Best Compilation Recording 最優秀編曲作品
1 Compilation 19 Artist "The Rizing: Best of Native Hip Hop 2004"
2 Northern Cree & Friends "Honoring Singers & Songmakers Vol 2"
3 R. Carlos Nakai "In Beauty, We Return. The Best of" (Canyn)
4 Various "Best of the Best Vol 2" (Cool Runnings)
5 Various "Voices Across The Canyon Volume 6" (Canyon)

D. Debut Artist/Group of the Year 最優秀新人アーティスト・グループ
1 Bad Moon Rising "Southern" (Cool Runnings)
2 Burnt - Project 1 "The Avenue" (Sunshine)
3 Jay Nez "My Family" (Dream 1)
4 Rain Song "Rising Son" (Soar)
5 Steve Williams "Change" (CPR)

E. Best Female Artist 最優秀女性アーティスト
1 Joanne Shenandoah "Covenant" (SilverWave)
2 Joy Harjo "Native Joy For Real" (Mekko)
3 Kimberly Dawn "Healing Jane" (Sunshine)
4 Qua Ti Si "Through Indian Eyes" (Shadagea)
5 Yolanda Martinez "Native Heartbeat" (Legends Alive)

F. Best Folk/Country Recording 最優秀フォーク・カントリー・レコード
1 Annie Humphrey "Edge of America" (Makoche')
2 Ga-Li "From The Outside In" (RW)
3 Jim Boyd "Going To The Stick Games" (Thunderwolf)
4 Qua Ti Si "Through Indian Eyes" (Shadagea)
5 Seymour - Snow "Home Grown" (Ekko)

G. Flutist of the Year 最優秀フルート演奏家
1 Billy Whitefox "When The Wind Sings" (Singing Wolf)
2 Douglas Blue Feather "Star Nations" (Spirit Hawk)
3 Eddie Three Eagles "Long Trail Home" (Manitou)
4 Robert Tree Cody "Reflections" (Canyon)
5 Terry Tsotigh "Prairie Rain" (Blackbear)

H. Gospel/Christian Recording 最優秀ゴスペル・クリスチャン・レコード
1 Cherokee National Youth Choir "Jesus Is Born Today"
2 Evan Lee "Heavenly" (CPR)
3 Rain Song "Rising Son" (Soar)
4 Rezawrecktion "It's Time" (Lions Den)
5 Robern Talkalai "John 3:16" (Talkalai)

I. Duo/Group of the Year 最優秀デュオ・グループ
1 Blackfire "Woody Guthrie Singles" (Tacoho)
2 Northern Cree "Rezonate...Live at Saddle Lake" (Cyn)
3 Tha Tribe "Mad Hops and Crazy Stops" (Cyn)
4 Walela "Live In Concert" (Rich-Heape)
5 Yarina "Nawi" (Yari)

J. Best Historical Recording 最優秀歴史的レコード
1 Cozad "California Pow Wow" (Soar)
2 D. Norman "Buffalo Sky" (Soar)
3 Felipe Rose "Red Hawk Woman" (Tomahawk)
4 Masie Shenandoah &Liz Robert "Sisters:Oneida Iroquois Hymns" (S)
5 No Two Horns "A Gallery of Art and Exploits" (Makoche')

K. Best Independent Recording 最優秀インディー・レコード
1 Charlie Wayne Watson "Waking Spirit" (Desert Winds)
2 Eagle Cloud "Canhiya Voice of the Wood" (Star Eagle)
3 Kansas Begaye "Beauty of the Spirit" (KB)
4 Michael Jacobs "They Come Dancing" (MJ)
5 Stan Summers "Walkin' n Fire" (CPR)

L. Best Instrumental Recording 最優秀インストゥルメンタル・レコード
1 Arvel Bird "Big Chief Quetoos" (Singing Wolf)
2 Echo Greywolf "The Gathering Field" (Sunshine)
3 Evren Ozan "As Things Could Be" (Point of Light)
4 Joseph Firecrow w Billings Symphony "Signature - Parmly's Dream"
5 Spirit of the Nations "Spirit of the Nations" (Sunshine)

M. Best Male Artist 最優秀男性アーティスト
1 Eli Secody "Butterfly" (Secody)
2 Felipe Rose "Red Hawk Woman" (Tomahawk)
3 Jay Begaye "Songs of Colors" (Canyon)
4 Jimmy Lee Young "Maya" (Crystal Feather)
5 Randy Wood "Round Dance Blues" (Canyon)

N. Best New Age Recording 最優秀ニューエイジ・レコード
1 Douglas Blue Feather "Star Nations" (Spirit Hawk)
2 Evren Ozan "As Things Could Be" (Point of Light)
3 JJ Kent "Come & Get To Know Me" (Swinging Wolf)
4 Joanne Shenandoah "Covenant" (SilverWave)
5 Thunderbeat "Mayan Landing 2012" (Thundervision)

O. Best Pop/Rock Recording 最優秀ポップ・ロック・レコード
1 Blackfire "Woody Guthrie Singles" (Tacoho)
2 Dying Tribe "Represent" (Tribal Relic)
3 Holy Wrath - Ramondo Emerson "Holy Wrath" (CPR)
4 The 9 featuring Micki Free "Ruff Masters" (Island)
5 Tiger Tiger "Peace From the Everglades" (TTM)

P. Best Pow Wow Recording 最優秀パウワウ・レコーディング
1 Black Lodge, Star Society, Mocassin Flats "Blackfoot Pow Wow" (Soar)
2 Cozad "California Pow Wow" (Soar)
3 Mystic River Singers "Mystic River Evolution" (Red Bear)
4 Tha Tribe "Mad Hops and Crazy Stops" (Canyon)
5 Young Bird "YB Style" (Canyon)

Q. Best Producer  最優秀プロデューサー
1 David Swenson "Edge of America" (Makoche')
2 Rose, Lawson, Morris "Red Hawk Woman" (Tomahawk)
3 Stephen Butler "Round Dance Blues" (Canyon)
4 Tom & Robby Bee "Blackfoot Pow Wow" (Soar)
5 Tom Wasinger & Mary Youngblood "Feed The Fire" (SWave)

R. Best Rap/Hip Hop Recording 最優秀ラップ・ヒップホップ・レコード
1 Buggin Malone "Birth of a Warrior" (Oarfin)
2 Jay Nez "My Family" (Dream 1)
3 JSD "Rezmade" (Rezmade)
4 Nightshield "Nightshield-Kataztrophik" (Nightshield)
5 Shadowyze "Red Hawk Woman" (Tomahawk)

S. Record of the Year 最優秀レコード大賞
1 Burning Sky "A Simple Man" (Canyon)
2 Douglas Blue Feather "Star Nations" (Spirit Hawk)
3 Jim Boyd "Going To The Stick Games" (Thunderwolf)
4 Mary Youngblood "Feed The Fire" (SilverWave)
5 Micki Free "The Micki Free Experience" (Island)

T. Song/Single of the Year 最優秀歌唱賞
1 Jim Boyd 'Fry Bread Line' (Thunderwolf)
2 Jimmy Lee Young 'One Voice One Cry" (Crystal Feather)
3 Qua Ti Si 'Darkhorse' (Shadagea)
4 Tiger Tiger 'Haya' (TTMusic)
5 Yarina 'O-Ja-Ja Native' (Yari)

U. Songwriter of the Year 最優秀作詞賞
1 Annie Humphrey "Edge of America" (Makoche')
2 Douglas Blue Feather "Star Nations" (Spirit Hawk)
3 Felipe Rose "Red Hawk Woman" (Tomahawk)
4 James Seals "James Seals Unplugged" (Plumb)
5 Joy Harjo "Native Joy For Real" (Mekko)

V. Best Spoken Word Recording 最優秀話し言葉大賞
1 Gregg Howard "Cherokee Warrior Stories" (Ind Peoples)
2 Mary Louise Defender Wilson "The Way We Are" (Makoche')
3 No Two Horns "A Gallery of Art and Exploits" (Makoche')
4 Red Hawk & Nino Reyos "The Songs Remember" (Mega)
5 Sapokniona White Feather "Master Meditations" ( Hawk)

W. Best Traditional Recording 最優秀伝統音楽賞
1 Clark Tenakhongva "Hear My Song, Hear My Prayer" (Cyn)
2 Eli Secody "Butterfly" (Secody)
3 Ralph Kotay "Kiowa Hymms" (UNP)
4 Randy Wood "Round Dance Blues" (Canyon)
5 Ray and Rhonda "Together As One" (Sunshine)

X. Best Short or Long Form Video 最優秀ビデオ作品賞
1 Brian Hammill "Echos In The Canyon" (Native Spirit)
2 John Two Hawks "Wild Eagles" (Circle Studios)
3 Miller, Shenandoah & Nakai "Songs of the Spirit" (KNME)
4 Redtale "Redtale-Live at the Ryman" (EKKO)
5 Walela "Walela Live In Concert" (Rich Heape Films)

Y. Best World Music Recording 最優秀ワールド・ミュージック大賞
1 Brian Hammill "New Beginnings" (Native Spirit)
2 Burnt - Project 1 "The Avenue" (Sunshine)
3 Gale Revilla "Liquid Visions" (Morning Star)
4 Thunderbeat "Mayan Landing 2012" (Thundervision)
5 Yarina "Nawi" (Yari)

Z. Native Heart 最優秀作品ネイティブ・ハート大賞
1 Autumn's Child featuing Mark Holland "Four Winds" (CS)
5 Kris Delorenzi "Beautiful Great One"
7 Scott August "Sacred Dreams" (Cedar Mesa)
8 Spooky Actions "Songs of the Nations" (Muse Eek)
9 William Eaton Ensemble "Sparks and Embers" (Canyon)

|

« なにもしないことを楽しむ | Main | おもしろそうな講座とフォーラムの案内 »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/2647348

Listed below are links to weblogs that reference ネイティブ・アメリカン音楽大賞:

» ネイティブ・ラジオ [T@blog]
Native Heartにとても素敵なネット・ラジオの紹介記事が。ああ、とてつもなく僕の好みにマッチ。オススメ。 Native Heart: ネイティブ・アメリカン音楽大賞... [Read More]

Tracked on Saturday, January 22, 2005 at 11:09 AM

» 大地の響き、風のささやき--インディアン音楽 [New York ものがたり]
(8月19日 ユタ州・アリゾナ州 モニュメントバレー) 引き続き、モニュメント・バレーの話題。 [Read More]

Tracked on Thursday, October 20, 2005 at 01:59 PM

« なにもしないことを楽しむ | Main | おもしろそうな講座とフォーラムの案内 »