« 大統領と王様 | Main | チェロキーの生きる世界 #1 »

Wednesday, August 11, 2004

ホピとトウモロコシ

せっかくおいでいただいて恐縮ですが、この記事は、書籍化にともなって、削除されました。ここにあった文章は『ネイティブ・アメリカンとネイティブ・ジャパニーズ』(太田出版2007年7月刊)に、加筆改訂版が収録されています。ネイティブ・ハート・ブログの書籍化については「さらにブログを続けるということ[Native Heart Friday, June 01, 2007]」のアーティクルを参照のこと。わざわざ探し出してここまでこられたのに誠に申し訳ない。願わくば拙著にて、より完成された表現媒体となったものを、お読みください。
北山耕平 拝

|

« 大統領と王様 | Main | チェロキーの生きる世界 #1 »

Native News Update」カテゴリの記事

Comments

一昨年インディアンの方からブルーコーンを20粒いただき、無農薬、有機栽培で日本の土で栽培してみました。昨年、今年と少しずつ増やすことが出来ました。何とかこのブルー・コーンを日本でも伝えたいと思うのです。それは食とナチュラル・スピリットの原点がそこにあると感じているからです。安全な食文化、と本来の健康のあるべき姿を伝えたいと思っています。ホピの皆様から学びたいと願っております。そのチャンスがありましたら教えて下さい。それからブルーコーンを手に入れたいのですがおわかりでしたら、その方法も教えていただけないでしょうか。私はネルギー・マッサージをしております。どうぞ宜しくお願いいたします。 

Posted by: 山下 裕子 | Thursday, October 14, 2004 at 03:41 PM

山下さま

お役に立てることとお役に立てないことがあります。トウモロコシについての考え方に関してはその通りだと思いますが、日本列島にもトウモロコシに匹敵するような「スピリット・グレイン」があったのではないでしょうか。たぶん「アワ」「ヒエ」でしょう。われわれはこれらの扱い方を忘れてしまっています。ホピの人たちから学びたいと言うことですが、わたしとしてはお答えしようがありません。北米大陸の沙漠について学ぶところからはじめなくてはならないからです。あとはそのスピリットが呼んでくれるのを待つだけです。そして呼ばれたらすぐ旅立てる準備をしておく。ブルーコーンを手に入れるには種を輸入するしかありません。日本の種屋さんに違う種類のものはあるかもしれない。種の輸入って、認められてるのかな? Harvest Moon Farms "1というところや、Eastern Native Seed Conservancy#2などがネットで探すと見つかりました。個人輸入ができないようならアメリカ在住の友だちに頼むか、自分で買いに行くか。またこれはズニ族(ホピの近くに暮らすプエブロのひとたち)のトウモロコシの育て方の詳しい文献資料が Raising: The Decay of the Seed#3としてあります。あまりお役に立てなくて申し訳ない。

#1http://www.felcopruners.net/Corn%20Seed.0.html
#2http://www.enscseeds.org/nativeseed/index.htm
#3http://www.sacred-texts.com/nam/zuni/cushing/cush04.htm

Posted by: 北山耕平 | Thursday, October 14, 2004 at 07:27 PM

山下さま
種苗交換会#1 などでも青色トウモロコシがときどきでているようです。下のリンクを参考にしてください。また日本有機農業研究会#2でも会員に配布したりしているみたい。でも今は時期ではありませんね。

#1http://www11.ocn.ne.jp/~seedexcg/
#2http://www.joaa.net/kakubu/nw/nw.htm

Posted by: 北山耕平 | Thursday, October 14, 2004 at 07:39 PM

早速にお返事をいただき本当にありがとうございました。貴重な資料をいただきました。私パソコンが得意でなく今日はじめての挑戦で素敵な出会いをいただきました。感謝です。ぶしつけなお願いでしたのに嬉しゅうございました。私エッセンシャルオイルを使ったフィットテラピーの他唄などうたっております。実は10年程前膠原病の宣告を受けました。その時から体内浄化と自然治癒力様々に試し克服してまいりました。小さな畑を借り有機栽培
を続け6年になります。お陰様で今ではリュウマチ、糖尿、といった成人病の皆様の少しだけお役にたたせていただいております。 食に関してはヒエ、あわ、そうなんです。 病気の方は細胞劣化しますと体内低体温になっております。 部位を温めると大分楽になりますし、酸化した細胞に力を与えます。
その為のものをコーンで作っております。 コーンが一番適しているように思います。 一昨年インディアンの方にお目にかかってブルーコーンいただいて、その力にびっくり致しました。栽培したブルーコーンを普通のコーンに混ぜますと、やはり力が違うようです。 そのような理由でメールを送らせていただきました。 いただいた資料で方法を模索してみます。
ありがとうございました。

Posted by: 山下 裕子 | Thursday, October 14, 2004 at 09:23 PM

こんばんは。
先日はありがとうございました。
教えて頂いたHarvest moon farms & seed co.に直接ブルーコーンを注文することができました。
ただし、日本での税関がネックとならないことを祈っています。
北山さんの本を探したのですが、本屋さんでは出会えませんでした。インターネットで入手を試みております。
読ませて頂いてまたメールします。
台風やら新潟の地震やら、私たちの住む国はなにか強いメッセージをいただいてるような気がします。
自然とか大地とか命の声にもっともっと耳を傾けなければいけないような……
夜分遅くに失礼しました。
おやすみなさい。

Posted by: 山下 裕子 | Tuesday, October 26, 2004 at 11:13 PM

新玉の年の初めをお慶び申し上げます
昨年は本当にありがとうございました
お陰様でホピブルーコーンを2ヶ月余りで
手に入れる事が出来ました。 
北山さんの御本には今から日本人が再度目覚め
生き方を問うメッセージがちりばめられていて 
それらに出会えて感謝です。 昨今の内外問わずの天変地異はどうしたことでしょう。 人々が天地の声に耳を傾けなくなったからなのでしょうか!? 悲しいことです
ブルーコーンを使って作りました枕をお送りしたいのですが、ご住所を教えて頂けますでしょうか? よろしくお願い致します

Posted by: 山下裕子 | Wednesday, January 05, 2005 at 12:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25341/1172102

Listed below are links to weblogs that reference ホピとトウモロコシ:

« 大統領と王様 | Main | チェロキーの生きる世界 #1 »