« コウモリはなぜコウモリになったのか?(物語) | Main | スリー・シスターズ #04 »

Monday, May 24, 2004

オオカミの争い

一人のチェロキーの年寄りが、孫たちを集めて、人生について、つぎのように教えたそうです。

「よいかな、人間の心なかには、オオカミが二匹、すみついている。その二匹のオオカミが、わしのなかでも、つねに悲惨な戦いを、くりひろげている。一匹は、悪いオオカミだ。それは、恐れであり、怒りであり、ねたみであり、嘆きであり、後悔であり、強欲であり、ごう慢であり、自己憐憫であり、あやまちであり、敵意であり、劣等感であり、嘘であり、うぬぼれであり、自尊心であり、競争心であり、優越感であり、そしてエゴだ。で、もう一匹の方は、よいオオカミで、それは、よろこびであり、平和であり、愛であり、希望であり、分けあいであり、おだやかさであり、謙遜であり、優しさであり、思いやりであり、慈悲の心であり、友情であり、共感であり、寛大で広い心であり、真理であり、哀れみであり、そして信頼だ。わしのなかでこの二匹のオオカミがたえず争いあっているように、おまえたちのなかでも、おなじ闘いが起きているんだ。それはまた、すべての人たちの心なかでも起こっていることなんだぞ」

孫たちはしばし黙ったまま、その言葉の意味を、考えていた。

やがて子供の一人が曾祖父にたずねた。

「で、どちらのオオカミが勝つのですか?」

老人がこたえた。

「それはおまえが餌を与えるオオカミの方さ」

HO!

|

« コウモリはなぜコウモリになったのか?(物語) | Main | スリー・シスターズ #04 »

Native American Story」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オオカミの争い:

« コウモリはなぜコウモリになったのか?(物語) | Main | スリー・シスターズ #04 »