« 世界を巻きあげるための教え(再録※) | Main | トウモロコシの精霊(物語) »

Sunday, March 28, 2004

コヨーテとウサギ(物語)

  ラコタ一族につたわるお話
  
  再話 北山耕平
  
  いつものように キョロキョロしながら コヨーテおじさんが
   あるいてきます。そうやっておじさんは なにかめずらしい
  ものはないか、いつだって さがしているのです。
  
  あるとき ウサギとでくわしました。ウサギさんは かわのお
  おきなふくろを せなかに しょっています。
  
  「やあ、ともだち」コヨーテおじさんが こえをかけました。
  「ごきげんは いかがかな?」
  
  「まずまず かな」と ウサギさん。

  
  コヨーテおじさんは ウサギさんのせなかのかわぶくろが き
  になって しかたありません。なんとかして なかみをききだ
  そうと、
  
  「たばこいれにしては おおきなふくろだねえ。よほどけむり
  をすうのがすきとみえる。おいらにも すこしわけてくれない
  か。そのからだでは そんなに すえるわけもなかろうが。お
  まえさんはチビすけだし、おいらはみてのとおり からだもで
  かいから」
  
  ウサギさんは へんじをしません。
  
  「いいじゃないか、このケチんぼうめ。あんまりよくばるん
  じゃないよ」
  
  ウサギさんは だまったまま あるきつづけます。
  
  「よお、ながいみみをしたそこのあんた、きこえるだろ。せな
  かにあるものを みせてくれっていっているんだよ!」
  
  コヨーテおじさんが そういうと、ウサギさんも やっと く
  ちをひらきました。
  
  「きみがほしがるようなものなんて なあんにもないさ」
  
  「おお、そうかい。じゃそのなあんにもないってやつをみせて
  もらおうか?」
  
  「やめたほうが いいとおもうよ。みたら かならずおこりだ
  すだろうし」
  
  ふくろのなかみがなにか コヨーテおじさんは しりたくてし
  りたくて、がまんができません。
  
  「たばこじゃなければ、なんだっていうんだい?」
  
  そうやってなおも くいさがります。
  
  ウサギさんがいいました。
  
  「さっきもいったように、このかわぶくろに はいっているも
  のを きみがきにいるとは とてもおもえないんだがねえ」
  
  そのとき−−
  
  いきなり コヨーテおじさんは がまんしきれなくなって ウ
  サギさんのせなかから かわぶくろをうばいとると、なかを 
  のぞきこみました。
  
  「うあああああああああああああーっ!」
  
  かわのふくろには なんと ノミがぎっしりとつめられていた
  のです。あまりたくさんのノミで、もうだれにもそのかずはか
  ぞえることもできません。ノミたちはいっせいに コヨーテに
  とびうつりました。
  
  「ひえええええええええええええーっ!」
  
  コヨーテおじさんは、しにそうになって あたりをころがりま
  わり、じぶんを かきむしりながら、
  
  「かゆいよーっ! かゆいよーっ!」
  
  と ほえました。
  
  ウサギが「だからいったじゃないか」とコヨーテにさけびまし
  た。
  
  そんなことがあっていらい、コヨーテのなくこえがあちこちか
  らきこえるようになったのです。ノミたちにくわれて かゆく
  てたまらずに、コヨーテは ないているのです。

|

« 世界を巻きあげるための教え(再録※) | Main | トウモロコシの精霊(物語) »

Storytelling Stone」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コヨーテとウサギ(物語):

« 世界を巻きあげるための教え(再録※) | Main | トウモロコシの精霊(物語) »