« ひとが死ぬ理由 (物語) | Main | ブギー・ウーマン(物語) »

Wednesday, March 31, 2004

時間がない

The Indigenous Language Institute(先住民言語研究所)という研究機関が、アメリカのニューメキシコ州のサンタフェという都市にあります。北アメリカ大陸の先住民族のオリジナルの言語と共同体と文化を守るための闘いを続けている非営利の組織です。ここの資料に興味深いことが書かれていて、それが今のアメリカ・インディアンだけでなく、かつて「亀の島」と呼ばれた北米のネイテイブ・ピープルの置かれている現状を伝えていると思われるので、日本語にして書き写しておきます。なにしろ、母なる自然と同様に、母なる言語というものは「ひとたび失われてしまうと、永遠にとりもどすことができないもの」なのですから。

*もともと「300」あったとされるオリジナルの北米先住民の
言語のうちで現在も残っているものはわずか「175」のみ。

*そのうちの「125」の言語は、その言葉を習っている子ども
が存在しない。

*「55」の言語は、その言葉を話す長老が「1人から6人」し
かおらず、この人たちが亡くなると、その言語も失われてしまう。

*このままなにも手を打たなければ、今後50年で残るであろう
言語は「20」まで激減する。

|

« ひとが死ぬ理由 (物語) | Main | ブギー・ウーマン(物語) »

Sharing Circle (Infos)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 時間がない:

« ひとが死ぬ理由 (物語) | Main | ブギー・ウーマン(物語) »